天龍

2016年7月8日

大分と言えば日田焼きそば。以前、元祖の店・想夫恋や人気店のみくま飯店を紹介したが、天龍という店も有名店のひとつだ。未訪だったので、今回大分を訪れたついでに日田まで足を延ばして寄ってみた。

日田やきそばの人気店 天龍

7月末の平日、無茶苦茶暑い日の昼前に訪問。場所は日田の市庁舎街にある。外観は渋めのラーメン屋風。創業は昭和43年で、平成14年に現在の場所に移転したらしい。近所の役人・職員が日常的に利用しているんだろなあと思いつつ暖簾を潜る。

日田 天龍 店内の様子

入店すると厨房を囲むL字型のカウンターがあった。椅子は6脚。左がメインの客席スペースでテーブル3卓、小上がり2卓が用意されていた。既に半分埋まっている。

「お時間かかりますけどよろしいですか?」
「はい、いいですよ」

そんな受け答えをしてカウンターに着席。店員さんは女性2人とおばあちゃんで切り盛り。出前もあってめちゃくちゃ忙しそうだ。

天龍 メニュー

メニューは焼きそばのほか、ラーメンやチャンポン、焼きめしという品揃え。店内のみという椎茸焼きそばが推されていたが、とりあえずノーマルの焼きそば(680円)を注文した。

出前注文が多くて忙しそう

カウンターの向こう側では、おばちゃんが鉄板で絶え間なく焼きそばを炒めている。ゼェゼェハァハァ、暑くてしんどそうだ……。ラップを掛けた出前の品が次々と出来上がってゆく。自分の焼きそばは20分待ってようやく配膳された。

焼きそば 680円

麺は太めの茹で麺。具は豚肉、ヒゲ付きのもやし、ネギ。カウンターに置いてある紅生姜を適量脇にトッピング。白湯スープもついてきた。

太目の麺をパリパリに焼き上げてます

味付けは酸味勝ちのソースだ。日田やきそばなので麺はもちろんパリパリに焼き上げてあり、絶妙な歯応え。豚肉は少ないがいい感じで焦げててアクセントになる。評判通りレベルが高い。

麺の歯応えに酸味勝ちなソースがマッチ

付け合せのスープも美味しい。乳化した豚骨のコクもありつつ、さっぱりとした後味だ。レベル高い(2度目)。きっとラーメンも美味しいだろうなあ。

付け合せのスープも美味しい

出来上がるまでの半分ほどの時間も掛からず、パリポリとクリスピーな焼きそばを平らげた。見ている方が心配になるくらい調理がしんどそうだったので、流行りすぎるのも良し悪しか。美味しい焼きそばはとてもありがたいけど、あまりご無理なさいませぬよう。

いつか数日掛けて日田をじっくり食べ歩いてみたいなあ。

天龍