龍朋 (東京都新宿区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

地下鉄東西線・神楽坂駅の矢来口は、午前と午後とで一方通行の向きが変わる日本唯一の「逆転式一方通行」の西端に当たる。嘘か真か、今太閤・田中角栄の一声で決まったという都市伝説もあって、なかなかに興味深いスポットだ。

地下鉄東西線 神楽坂駅 矢来口

その矢来口から程近い脇道に龍朋という中華食堂がある。狭い坂道で分かりにくい場所だがチャーハンが大人気。それに加えて焼きそばも評判と聞いては行かずばなるまい。

訪れたのは7月下旬の平日、お昼時の少し前。矢来口を出て左手のマクドナルドの先を左折。すぐ左側に目的の黄色いフードを見つけた。

神楽坂 龍朋

良く晴れた日で外が明るいせいか、店内はやや暗い印象。窓や調度がちょっと喫茶店ぽい。客席はテーブルが10卓ほど。先客は2組だけだったが、正午が近づくに連れ後から続々と入ってきた。

龍朋 麺類メニューの一部

メニューは壁に掲げられている。入り口から向かって右側が麺類、左側にご飯系や一品料理。全品持ち帰り可能の貼り紙もある。客の半分くらいがチャーハンか。人気商品のため注文してから出てくるまでも素早い。

「ご注文は?」
「やきそば(850円)、ください」

おばちゃんからお冷を受け取って注文する。厨房からは中華鍋の音が絶え間なく聞こえてくる。しばらくして焼きそばが運ばれてきた。

やきそば 850円

餡は干し椎茸っぽい旨味を感じる薄味の醤油餡。豚肉・白菜・人参・ほうれん草・シメジなど、具がほとんどで汁気は少ない。

麺は茶色い中細の縮れ麺

麺は茶色い中細の縮れ麺。深蒸し麺をじっくり焼いたのか、かなり歯応えがあって一本一本の長さも短い。隣の客のチャーシューメンの麺とは明らかに異なる。熱々の具とマッチして実に美味い! 卓上の酢と練からしも相性良かった。

余裕があったらチャーハンもと思ったが、さすがに無理だった。またの機会に食べたいなあ。

龍朋

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3267-6917
住所:東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル B1
営業時間:11:00~23:00(土曜は22時まで)
定休日:日曜日
主なメニューやきそば 850円
硬やきそば 850円

チャーハン 750円
りゅうほうめん 750円
This entry was posted in 新宿区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">