成光 (東京都千代田区)

今週から中華系の焼きそばのお蔵出しでーす。


7月末にこのブログでもお知らせしたが、メシコレの企画東京餃子通信編集長・塚田さんと神保町界隈を食べ歩く機会があった。だいぶ遅くなってしまったけど、その折に塚田さんがオススメしてくれた2店を紹介したい。

神保町 中華 成光

まず1店めは水道橋西通り沿いにある成光(なりみつ)。専大前交差点の南、集英社の神保町3丁目ビルの向かいにある大衆中華の店だ。実は私も存在は前から知っていて、年季の入った店構えなど少し気になっていた。

7月中旬の平日夜、メシコレのスタッフ2名を含めた4人で入店。この前に太湖飯店に寄ってからの2軒目である。店内は混雑していて5~6卓あるテーブルもカウンター席もほとんど埋まっていた。辛うじて入れ違いでひとつだけ空いたテーブルに着席。

成光 メニュー

メニューもいかにも大衆中華。値段もお手頃。焼きそばと餃子2人前、それにビールを注文。余談だがここだけの話、支払いは割り勘である。取材費とか出ない。

焼きそばと餃子がドーン

チビチビやって待っていると焼きそばと餃子が運ばれて来た。それぞれデジカメで撮影していただきまーす。

焼きそば 650円

まずは焼きそば。麺は中細で、わざと刻んでいるのか一本一本が短い。具は豚肉・キャベツ・モヤシ・ニンジン。由緒正しき日本の大衆中華の焼きそばという印象である。

麺入り野菜炒め的、中華焼きそば

味付けは醤油ベースで旨味調味料も使われてそうだ。野菜の食感を程よく残した火加減で、ちょうど野菜炒めに麺が入っている感覚である。ボリュームも結構あり。つまみにも良い。

続いて塚田さん推奨の餃子。皮の薄さや綴じ方、餡に使われている具、大きさ・焼き方など、餃子の賞味ポイントを教わりつついただく。

餃子 420円x2人前

成光の餃子は餡が透けて見えるほどの超薄皮が一番の特徴だそうだ。ちなみに大衆中華に比べると本格中華の方が厚い皮の店が多いらしい。これまで意識したことなかったなぁ……。

クリスピーな超薄皮が美味しい

焼き加減も焼き目がしっかり付いて完璧とのこと。確かに美味しい。カリッ・サクッとしたクリスピーな食感を楽しめた。

期待通り、味もコスパも満足できる店だった。少年ジャンプの編集者なんかも食べに来ているんだろうなあ。漫画も置いてあったので今度来たときに出版社をチェックしてみようっと。

成光

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3261-6030
住所:東京都千代田区神田神保町2-23
営業時間:11:15~15:00 17:00~21:00
定休日:日曜日
主なメニュー焼きそば 650円
餃子 420円
瓶ビール 620円
This entry was posted in 千代田区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください