そば処 松くら (北海道函館市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

前回のあじたかを出た足で、ざっと五稜郭を散歩。今日はあいにくの天気なので、五稜郭タワーはスルー。五稜郭公園前から路面電車に乗ってさらに東へ向かい、終点の湯の川停車場で降りた。

函館市 湯の川 そば処 松くら

市電を降りて向かったのはそば処・松くら。こちらでも函館独特のつゆだく焼きそばを提供しているという。焼きそばもやっているんだから町中の食堂的な店をイメージしていたが、外観は完全に本格派の蕎麦屋だ。そっか、そうきたか、とかつぶやきながら入店。

そば処 松くら 店内の様子

店内も木造の落ち着いた雰囲気。客席はテーブル6卓、小上がり5卓、カウンター5席。平日の昼下がりで4割ほどの入りだ。入店時に店の前の駐車場が満杯だったが、一人一台の車社会ってことなのね。空いているテーブルへ着席。

そば処 松くら メニューの一部

メニューはもちろん蕎麦が中心だ。ラーメンはやはり塩が筆頭。やきそば(700円)はつゆだくとかそういう能書きは一切書かれていない。店員さんにも確かめずに「やきそば、ひとつ」と注文。大丈夫かな……とやや不安な心境で待つこと5分余り。運ばれてきたのは間違いなくつゆだくな皿だった。

やきそば 700円

麺はツルツル食感の細麺。色や食味からすると玉子麺かな。具は豚肉、キャベツ、モヤシ、人参、キクラゲ、青ネギが使われていた。さらに紅生姜がトッピングしてある。

麺はツルツル食感の細麺

味付けは塩ベースの出汁で、少し醤油も足してあるのかな。豚と昆布の風味を感じた気がするが、舌バカなので自信がない。とにかく美味いことは確かだ。ズルズルっと麺を手繰るのが楽しい。

このつゆがとにかくうまい

野菜炒めに麺を足したようなスタイルで、東京などの町中華でも似た焼きそばは見かける。ただそれらよりも、味が洗練されている印象を受けた。

勢い余って全部飲み干してしまった

函館のつゆだく焼きそばでも、鳳蘭あじたかとは全く異なる。森町の太田屋は同じ蕎麦屋だったが、ソース風味なので、それとも違う。こんなにバラバラなのがとても興味深い。後を引く美味しさで勢い余って、つゆを全部飲み干してしまった。いやー、美味しかった。

函館の市電、便利です

会計は700円。帰りも路面電車だ。市内で3軒だけしか現存を確認できていない貴重な函館つゆだく焼きそば。探せばもっとあるのかな。それぞれタイプが違っていて面白いので、ぜひ食べ比べて欲しいなあ。

松くら そば店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 0138-57-0011
住所: 北海道函館市湯川町3-17-2
営業時間: 11:00~20:00
定休日: 火曜
主なメニューやきそば 700円
This entry was posted in 函館市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*