よし晴

2014年3月22日

岐阜市役所の裏手に当たる長良橋通り沿いに「よし晴」というとんかつ屋がある。とんかつ屋なのに何故か焼きそばが人気らしい。それも塩焼きそばというから珍しい。

岐阜市 とんかつ よし晴

訪れたのは平日のお昼前。暖簾を潜ると厨房に面したカウンターが10席ほどあり、左右に小上がりが10卓以上ある。女性店員が厨房とホールに数名ずつ。先客は小上がりに2人ほど。

「1名様ですか? お好きな席へどうぞ」

カウンターに腰掛け、お冷をいただきながらメニューを拝見。左頁にはとんかつ中心の定食や丼物が、右頁には麺類が載っている。そしてその一番上に「ボリュームたっぷり よし晴特製やきそば」の文字を確認し、店員さんに「上焼きそば(目玉焼入り・780円)」を注文した。

左頁は定食・丼もの 右頁は麺類など

調理の様子はあまりよく見えなかったが中華鍋を使っていた。待ってる間、眼の前のおばちゃん(店主夫人?)と天気のことなど会話する。岐阜は関西のイントネーションなので、こちらが余所者だとすぐにばれたようだ。しばらくして焼きそばが出来上がり、「お好みでソースか醤油を掛けてください」とお皿を渡された。

上焼きそば(目玉焼入り) 780円

麺は細くて柔らかめ。具はキャベツ、モヤシ、人参、ニラと細く切った豚肉。そして目玉焼きがトッピングされている。食べてみると塩だけではなく出汁の旨味や香辛料がかなり利いていた。見た目は白いがこのまま食べても十分美味い。目玉焼きの黄身を崩して麺に絡めるとコクが出る。卓上にあったウスターソースはやや甘目で、掛けると風味が変わってこれまた美味しい。ボリュームがあるので味付けをところどころ変えるのも楽しい。

ランチタイムの客も入って来たが焼きそばを注文する人がやはり多い。持ち帰りの客もいる。「塩焼きそばって珍しいですねー」とおばちゃんに言ったが、「えー、東京じゃそんなに珍しくないでしょ?」と返された。いやー、割と珍しいと思うけどなあ。特に「塩焼きそばが人気のとんかつ屋」ってのは、日本中探しても他に無いような気がするんだけどなあ。

よし晴