南インド料理マハラニ (東京都江東区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

今回紹介するのは江東区の西大島にある「南インド料理マハラニ」というお店。こちらもインド中華が充実している店だ。ちなみに同駅にはここの本店ともいうべき「マハラニ」もあって紛らわしい。本店(1号店)は「南インド料理」が付かないのだが、多少屋号を変えた方が良いのではとお節介な心配をしてしまう。

西大島 南インド料理 マハラニ

訪問したのは3月上旬、平日の20時半過ぎ。都営地下鉄の西大島駅から徒歩数分。ダイエーの斜向かい、バス停の真ん前に店舗があった。ちなみに西大島は「ニシオオ"ジ"マ」と濁るらしい。

南インド料理マハラニ 店内の様子

過剰な装飾が無いスタイリッシュな内装でセンスの良さを感じる。テーブル6席。時間が遅かったのか客は自分だけだった。ホール係のにこやかな兄さんがお絞りを出してくれた。でも日本語はちょっと苦手なようだ。

南インド料理マハラニ インド中華メニューの一部

メニューには魅力的な南インドの品々が並ぶ。インド中華もなかなか充実している。今回の目的はインド風あんかけカタヤキソバ。野菜のみの「ベジ(1000円)」と肉入りの「ノンベジ(1150円)」があり「ベジ」を選択。さらにマトンペッパーフライ(650円)とジャルジーラソーダ(300円)も注文した。

ジャルジーラソーダ 300円

まずはジャルジーラソーダが運ばれて来た。なぜかハートのマドラー付き。ホール係の兄ちゃんがニコニコしている。わざと選んだな、これ。先日紹介した行徳のインドヤでも飲んだが、味としてはこっちのが飲みよい気がする。慣れたからだろうか、食欲増進に効果ありそう。

マトンペッパーフライ 650円

続いてマトンペッパーフライ(650円)。調べたところ南インド・ケララ州の名物らしい。使われている食材はマトン・玉葱・人参。あとはジンジャーやコリアンダーの葉。「ペッパー」と名乗るだけあって、粒胡椒が効いていてかなり辛い。マトンの臭みと噛み応えが癖になる。メチャウマ。

そしてメインのインド風あんかけカタヤキソバ。インドでは「アメリカン・チョプスイ(American Chopsuey)」と呼ばれている。ご存知の方も多いだろうがチョプスイ(チャプスイ)はアメリカで生まれた中華料理で、肉や野菜などを炒めてスープを加え、トロミを付けたごった煮のこと。ご飯や揚げ麺に掛けるのが一般的な食べ方で、当ブログでも何度か触れてきたが(こことかこことかここ)、カタヤキソバの歴史を語る上では外せない料理なのだ。

インド風あんかけカタヤキソバ(ベジ) 1000円

そのチャプスイが、揚げた麺に掛けたスタイルでインドに伝わり、「アメリカン・チョプスイ(チョップシ)」というインド中華として定着したらしい。現地ではかなりポピュラーなメニューで、やはりYoutubeでインド人のレシピ動画がたくさん見つかる。インドと中国とアメリカ、国名が3つも出てきてややこしい。人口を足したら約30億という三ヵ国が、1枚の皿の上でガッツリ同盟を組んでいるという料理なのだ。

麺はカリカリに揚げた中太麺。麺自体は白い色なので中華麺かは微妙なところ。その麺にトロミのついた赤い色の餡がたっぷり掛かっている。餡の具は玉葱・キャベツ・人参。トッピングにスライスしたピーマン・マッシュルーム・トマト。さらに浅葱が散らしてある。後から気付いたが、ノンベジだと目玉焼きが付くようだ。ビジュアル的にそっちにすれば良かった。

カリカリ麺にピリ辛の餡が滲みて美味

味付けはトマトとチリがベースっぽい。インドの動画を見ると味付けはケチャップにチリソース、ソヤソースが基本らしい。また、とろみ付けにはコーンスターチを使っているようだ。トマトの旨味が主体の味付けで、じんわり適度にスパイシー。餡がパリパリの麺に滲みて柔らかくなったのも味わい深い。

ふと、「インド人はこれも素手で食べるのかな?」と疑念が湧いた。ホール係に訊いてみたら、シェフが代わりに「これはインド人も素手じゃなくてフォークで食べる」と答えてくれた。だよねー。火傷しちゃうよねー。

グラブジャムン 250円

カタヤキソバとマトンを平らげ、さらにデザートとしてグラブジャムン(250円)ってのを予備知識なしで頼んでみた。「あたたかいの? 冷たいの?」と訊かれる。インド人はあたたかいのを好むらしいと聞いて、そっちにした。

揚げた団子のシロップ漬け、ひたすら甘い

写真ではフルーツに見えたが、団子を軽く揚げて蜜で和え、ココナッツを乗せたぜんざいチックな品だった。シロップに浸したまま保管しているらしく、めちゃくちゃ甘い。ガジャルハルワにしておけばよかった。

お会計は2200円。5000円札を渡したら、「はい、にせんえんと……はちじゅうえん」といいつつ2800円渡してくれた。この兄ちゃん、わざと日本語がヘタなふりをしているのではあるまいか。

インド風あんかけカタヤキソバ(ノンベジ) 1150円

そして後日、再訪してノンベジのアメリカン・チョプスイも無事ありつけた。根が貧乏性なので、目玉焼きが付くと豪華に感じられる。具にチキンが使われているが味付けはベジと変わらず。こちらもピリ辛トマト風味で美味かった。

これで心置きなく次回は正統派の南インド料理が食べられる。家から遠いけど再々訪しなきゃなー。ちなみにアメリカン・チョプスイは以前紹介した御徒町のベジキッチンや前回紹介した東麻布のスーリヤでも、レギュラーメニューとして提供しているようだ。いつか食べ比べてみたいなあ。

南インド料理 マハラニ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-5875-1564
住所: 東京都江東区大島3-15-29
営業時間: 11:00~14:30 17:00~22:30
(土日祝: 11:00~15:00 17:00〜22:30)
定休日:年末年始
ホームページ
主なメニューインド風あんかけカタヤキソバ
ベジ 1000円 ノンベジ 1150円

マトンペッパーフライ 650円
ジャルジーラソーダ 300円
グラブジャムン 250円
This entry was posted in 江東区 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*