いなかむら (東京都江戸川区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

前回のサイフォンと同じ小岩にある「いなかむら」も、現在バーン・タムを営むスターシェフ、タムさんが在籍していた店だ。タイ料理店らしからぬ屋号だが、現地の味そのままのタイ・イサーン料理が大人気らしい。

小岩 タイ料理 いなかむら

訪れたのはもう4ヶ月も前のこと。今年の1月上旬、食べあるキングの激辛担当・姫さんから、その「いなかむら」へのお誘いの声が掛かった。前から行きたかった店なので即OK。さらに食べあるキングの野菜担当・小谷あゆみさんの誕生日が近いということで、そのお祝いも兼ねて3人で訪問することに。

いなかむら 店内の様子

店舗はJR小岩駅の南口を出てすぐの雑居ビルの1階にある。この界隈はお水系の店が多く、女性だけで歩くのはオススメしにくい雰囲気だ。いなかむらも元スナックっぽい造りで、タイ人好みの飾りつけがなければ、タイ料理店とは分からないだろう。

まずはビールで乾杯

着席して、まずは乾杯。いろいろと検討して4品ほど注文した。3人ともエスニック料理好きで、辛い食べ物は大歓迎。注文に制約が無いのはありがたい。

プーニムパッポンカリー(ソフトシェルクラブのカレー炒め) 1800円

まず運ばれてきたのはプーニムパッポンカリー(ソフトシェルクラブのカレー炒め/1800円)。カニ(プー)を使ったプーパッポンカレーは良く見かけるが、こちらはソフトシェルクラブだ。普通のカニと違って、殻をむく手間が掛からない。旨味たっぷりでスパイシー。見た目は辛そうだが、むしろカニと玉子の円やかさで甘みを感じるほどだ。タイ風カニ玉と呼びたくなった。

ソムタムタイ(パパイヤのサラダ) 1100円

続いて定番メニューのソムタムタイ(パパイヤのサラダ/1100円)。カレー炒めと同時に注文したのだが、「タム(鉢で搗く)」に手間が掛かるのか、サラダの方が後から来た。柑橘系の酸味とコクのあるナッツの風味で後味が爽やかな一皿だ。辛さを訊かれて一番辛い3辛をお願いしたが、ほどほどの辛さだった。

ヤムサイタン(コブクロのサラダ) 1300円

もう一品サラダとして注文したのがヤムサイタン(コブクロのサラダ/1300円)。辛さはソムタムと同じく3辛だ。コブクロのコリコリした歯応えが楽しい。行きつけのもつ焼き屋でボイルしたコブクロを酢醤油で和えたコブクロ刺しがあるが、こういうエスニックな味付けもいいものだ。パクチーどっさりなのも嬉しい。

パッキーマオ(メニュー未掲載)

そしてパッキーマオ(ผัดขี้เมา/Pad Kee Mao)。「キーマオ(ขี้เมา)」は「酔っ払い」を意味していて、直訳すると「酔っ払い炒め」のこと。前回のサイフォンの記事で紹介したパッシーユと同じく幅広のライスヌードル=センヤイ(เส้นใหญ่)を使っていて、酔っ払いも目を覚ますような辛口の味付けが特徴とされる。

いなかむら メニューの一部

この店のメニューにはパッタイとパッシーイユしか載っていなかったが、激辛担当と焼きそば担当がいて、パッキーマオを食べないわけにはいくまい。店の方にお願いするとすんなり作ってもらえた。麺は前述の通り、幅広のライスヌードル=センヤイを使用。具はエビやインゲン、蓮根、ピーマン、パプリカなど。もしや生の青唐辛子・赤唐辛子をそのまま入れているのか、と思ったが違った。

幅広麵と辛い味付けが特徴です

味付けはパッシーユに唐辛子で辛味を加えたもの。一口目は大したことない辛さだが、あとからじんわり効いてくる。激辛と呼ぶほどではないけど、期待通りスパイシーな焼きそばだ。以前紹介した際コーポレーションが運営するグリーンパッタイのパッキーマオに比べると具はシンプルだが、味わいはより複雑な気がする。

具に混ざってハーブ類も色々と使われていた。野菜担当の小谷さんがお店の方にお願いして、その一部を見せてもらうことができた。生姜に良く似ているカー。ガパオライスでお馴染みのホーリーバジル=ガパオ。そしてコブミカンの葉、バイマックルー。

タイの食材のお勉強

バイマックル―はラオスを旅行中に頻繁に見かけた覚えがある。しかしこの日、小谷さんに教えて貰うまで恥ずかしながら正式名称を知らなかった。姫さんは姫さんで唐辛子に詳しいし、専門分野に精通している人との食事はとても勉強になる。知識欲も満たされて実に楽しい。

カオマンガイ(チキンライス) 1200円

締めは新年の酉年にちなんでカオマンガイ(チキンライス/1200円)を。肉もご飯もタレも、どう組み合わせて食べても美味しい。シンガポールの海南鶏飯もそうだけど、鶏肉とそのスープの炊き込みご飯って鉄板の組み合わせだよなあ。あ、日本のかしわ飯もその系統か。

デザートに小谷さんの誕生日祝いのケーキをみんなでいただいてお会計。この日の集まりは姫さんのブログでも紹介済みだが、いやはや私の方は随分と公開が遅くなってしまった。お二人ともありがとうございました!

それにしても小岩のタイ料理店、ディープな店が多いなあ。他にも良店がいろいろあるらしいので、また機会があれば訪れてみようっと。

いなかむら

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-3659-2189
住所: 東京都江戸川区南小岩7-26-21
営業時間: 18:00~14:00
定休日: 第2火曜日
主なメニューパッキーマオ(メニュー未掲載)
パッシーイウ 1100円

プーニムパッポンカリー(ソフトシェルクラブのカレー炒め) 1800円
ヤムサイタン(コブクロのサラダ) 1300円
ソムタムタイ(パパイヤのサラダ) 1100円
カオマンガイ(チキンライス) 1200円
This entry was posted in 江戸川区 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*