さおや (愛媛県大洲市)

前回紹介した美ゆきと並んで、大洲の「さおや」もちゃんぽんの人気店だ。というか、「美ゆき」と「さおや」でしかこのちゃんぽんは提供していないらしい。

大洲市 鉄板焼 さおや

7月下旬の平日、11時過ぎに訪問。狭い雁木造りの並びに「鉄板焼さおや」の看板を見つけた。11時半開店のはずだがもう暖簾が吊るされ、「営業しています」の札が掛かっていた。早速入店。

さおや 店内の様子

客席はカウンター6席にテーブル2卓、小上がり2卓。小奇麗で落ち着いた雰囲気の店だ。既に先客が1組いた。さらには持ち帰り注文も入っていた。なかなかの人気ぶりである。

さおや メニュー

カウンターに着席してメニューを確認。「やきめし」と「やきそば」に挟まれる形で「ちゃんぽん」が乗っていた。上ちゃんぽん(1400円)も気になるが、注文したのはちゃんぽん(1000円)。値段が高く感じるかも知れないが「やきめし」「やきそば」それぞれ1人前ずつの材料が使われているらしいので、これでも割安なのだ。

エビを傷付けないように肉を刻み炒める

目の前の鉄板で店主が調理を始めた。油を引いてエビ・豚肉、さらにモヤシ・キャベツを炒める。注意深く眺めてみると、肉は刻みつつもエビは傷付けないに炒めている。こうして目の前で見ると鉄板焼は技量に大きく左右されることが分かる。

ソースの香りにコテの音

塩を振って、ご飯とネギを加えて「やきめし」に。最後に麺を入れ、化学調味料やソースを加えて混ぜ炒めて出来上がり。白い皿に山盛りにされ。スプーンを添えて供された。ちなみに鉄板にこびりついた煎餅状のお焦げもリクエストすれば載せてくれるらしい。先に知っておけばお願いしたのに……

ちゃんぽん 1000円

麺は中細の中華麺。一般的なそばめしと違い、この麺も刻まないように炒めていたので一本一本は普通に長い。麺一玉にご飯もお茶碗一杯分くらい使われているのでボリュームがかなりある。

スプーンで食べるちゃんぽん

具は前述の通りエビ・豚肉・モヤシ・キャベツ。野菜たっぷりでモヤシがシャキシャキ。エビはプリプリ。ソースの味が美ゆきより濃いめか、ピリ辛で食欲を刺激する。青海苔や魚粉での味変も良い。結局、一皿ペロリと食べてしまった。

魚粉や青海苔を掛けて美味しい

「どちらから?」
「東京からです」
「この辺を回ってるんですか」
「はい、こちらは遠くからくる人多いですか?」
「いや、ここはそうでもないです」

ふむふむ、いまだ知名度はまだ低いのね。お会計を済ませて店を出るときには「お気をつけて」との言葉。八幡浜のちゃんぽんは割りと知られているが、すぐ東隣の大洲にもこんな変わったちゃんぽんがあるのが面白い。そういえば以前紹介した高知市「おかも」のヨンキューも、大洲ちゃんぽんに関係しているのかも知れないなあ……

さおや

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0893-24-0231
住所:愛媛県大洲市大洲200
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:月曜
主なメニューちゃんぽん 1000円
上ちゃんぽん 1400円
This entry was posted in 大洲市 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください