利華

恵比寿に利華(りか)という上海料理の老舗がある。創業者は戦前に上海から日本へ渡り、有名店の料理長などを経て60年ほど前にこの店を始めたそうな。現在の店主は二代目でやはり本格的な上海料理が売り。口コミで特に五目焼きそばの評判が良かったので興味が沸いた。

恵比寿 上海料理 利華

7月下旬の平日、昼前に訪問。店舗は恵比寿駅西口から徒歩3分ほどの位置にある雑居ビルの二階。歩道に出ている看板が目印だ。イラストが可愛い。

利華 店内の様子

スレンダーな奥さんがいらっしゃいませとお出迎え。調度や透かし彫りなど、なかなか凝った内装だ。客席は大小の丸テーブルが5卓。一人と告げると一番大きな卓へ案内された。先客は居なかったがすぐに混むのだろう。

利華 焼きそばメニュー

ランチは定食が3種類あり、それぞれ900円。五目焼きそば(980円)は単品注文となる。暑い日だったが出された中国茶は温かい。そういえば本土では冷たい飲み物は好まれないっけ。

待つこと7~8分で配膳。萌葱色の皿に野菜の緑が映えて美しい。

五目焼きそば 980円

麺は表面だけをパリっと焼いた、まさに「両面黄」! 餡は薄っすら色の着いた醤油餡。具は海老、イカ、豚肉、鶏肉、木耳、筍、青梗菜、白菜、レタス。

両面黄に焼き上げた麺が美味

さっそく熱々のをハフハフズルズル。うん、美味しいー。麺の盛りはそれほど多くないが、魚介や野菜は大きめにカットされていて食べ応えがある。豚肉と鶏肉の両方を使っているのも面白い。

大ぶりな具は食べ応え満点

店が込み合う正午前に完食してお会計。ランチとしては少し高い気もするが、恵比寿の辺りだと一般的な範疇だろう。本格的な上海の餡掛け焼きそば=両面黄を食べたくなったらまた来よう。

あ。全くの余談だけど、中国の箸って細かいものを摘むときにちょっと使い辛いよね? 慣れの問題?

利華