珉珉

2014年3月21日

JR常磐線日立駅から数百メートル。中央銀座の裏手にある寂れた通りに、珉珉(みんみん)という中華食堂がある。この店ではあんかけの五目焼きそばが人気という。

日立市 珉珉(みんみん)

お盆明けの暑い日、御昼どきの12:30に訪問。営業中の札がドアに掛けられているが暖簾はない。ちょっと入るのに戸惑ってしまう外観だが、入ってみれば普通の食堂だ。カウンター8席にテーブル3卓、2階に座敷席もあるらしい。厨房には優しそうなおじさん店主と明るい感じの奥さん。先客は女性客の三人組。

珉珉の主なメニュー

一番奥のテーブルに腰掛けてメニューを確認してから五目やきそば(什景炒麺・850円)を注文。忙しそうなので自分でお冷を汲んだが、その後、奥さんが雑誌と新聞を持ってきてくれた。この季節の定番、「それにしても暑い」という挨拶を交わす。

先客の三人も焼きそばを注文していたようだ。後から来た年配男性の一人客もカウンターに座って焼きそばを注文している。普通の中華料理屋っぽいけど、噂通り名物なんだな。女性客たちのすぐ後に、自分のテーブルにも焼きそばが運ばれてきた。

五目やきそば(什景炒麺) 850円

余所では見かけない外観のあんかけ焼きそばだ。楕円形の皿はそれほど大きくないが、麺はこんもりと山になり、掛けられている餡も溢れんばかり。玉になっている中太麺をほぐしながら餡に絡めて食べる。柔らかめだがところどころカリカリフワフワで香ばしい。餡の粘度は普通程度。具は豚肉、烏賊、白菜、木耳、ほうれん草、人参。見た目は濃い色だが、味付けは程よい感じ。焼きそばと一緒に豆板醤も出してくれた。辛子や酢は良くあるが豆板醤は珍しい。少量加えると辛さとコクが増して美味しかった。

第一印象では大した量に思えなかったのだが、ほぐしてみると予想以上に麺が多い。どうにか食べ終え、お冷をお変わりして一服していると、宅急便のドライバー二人組が入ってきた。

「注文はいつもの?」
「いつもので」
「はい、焼きそば二丁!」

サンプルが6人しか無いが、来た客が100%焼きそばを注文するとは恐れ入った。五目以外にも豚肉、鶏肉、カニ、エビの焼きそばがあって、そちらを好む人も居るようだ。典型的な工業都市なので観光スポットは少ないが、また訪れることがあれば他のメニューも試してみたい。

珉珉