Kenzo Cafe

九州・博多といえば焼ラーメンも外せない。元祖とされる天神の屋台・小金ちゃんを以前紹介したが、今回は別の人気店、「Kenzo Cafe」を訪れてみた。

博多祇園、かろのうろんの裏通りへ

場所は博多・祇園、「かろのうろん」の裏手で櫛田神社の近く。こじんまりした店が並ぶ、私好みの飲み屋街だ。「Kenzo Cafe」は4軒目くらいにあった。

屋台居酒屋 Kenzo Cafe

客席はカウンターが5席。外に風除けのビニールシートに覆われたテーブルが2つ。二階もあるらしい。元屋台だけあって、今の店舗も屋台然とした雰囲気だ。

「1人ですが、入れますか?」

そう告げると、カウンターの端っこに1席だけ空いていた席へと促された。隣の学生らしき二人組が、椅子を詰めて座りやすくしてくれた。カウンターの上にはキタナシュランで授与された人形が飾られている。

とりあえず生ビール(中・500円)と博多名物の鶏皮、モツ鍋を注文。他にも注文が入っていて、店主さんも他のスタッフも忙しそうだ。

鶏皮 一本150円

まずは鶏皮が出てきた。1本150円のをタレ3本、塩2本。細い串にぐるぐる巻にした皮をカリッと焼きあげ、酢ダレを掛けた生キャベツが添えられてる。甘辛のタレもシンプルな塩も、どちらも美味い。地元の人は一人あたり10本単位で食べるそうだが、なるほど、それくらいペロリと食べられそうだ。

モツ鍋 一人前 1000円

続いてモツ鍋(一人前 1000円)。熱々の小ぶりな鉄鍋で提供された。中身はプリプリの牛モツとキャベツ、ニラだけというシンプルな構成。しかし、これが美味い。スープが特に絶品だ。

プリプリの牛モツと絶品スープ

焼きラーメンだけでなく、ラーメンも屋台時代からの看板メニューだそうで、隣の学生二人組は、もつラーメンをシェアしてつまみにしていた。もつ鍋も〆にご飯や麺を投入できるのだが、今回は焼ラーメンが待っているため諦めた。一人だと品数がどうしても限られてしまうのがつらい。

熱々のもつ鍋を食べているうちに汗ばんできた。お代わりにレモンサワーを注文。んー、甘めのコンクだな。ハイボールにしておけばよかった。

Kenzo Cafe メニューの一部

そして締めの焼きラーメン(800円)。メニューには「ケンゾー人気No.1」と謳われている。ちなみに「No.2」はもつラーメンだ。注文してしばらくすると、フライパンで何やら炒める音が聞こえてきた。厨房にソースの香りが漂ったら、もうすぐ完成の合図だ。

焼きラーメン 800円

「はい、焼きラーメン、おまちどうさま」

熱々の鉄板には濛々と湯気を立たせた焼きラーメンが盛られている。ラーメン用の細麺を炒め、豚骨スープとソースで味付け。仕上げにベビースターと生卵を散らしてある。

ベビースターと生卵が特徴

具は豚肉、キャベツ、ニラ、モヤシ。焦げたソースと豚骨スープの風味が細麺によーく馴染んでいる。卵を絡めて半熟気味になったのも美味い。スルスルといくらでも食べられそうだ。パリパリの焦げも煎餅のようで香ばしく、カリっとクリスピーなベビースターの食感も楽しい。

スルスルといくらでも食べられそう

以前、ここKenzo-Cafeで修業したという、東京・両国「からくさや」という店の焼きラーメンを紹介した。

「からくさや」の焼きラーメンは妙に甘い味付けが気になったが、本家の焼きラーメンにその甘さはなく、むしろ若干スパイシーなくらいだった。個人的には本家の方が断然好みだ。やっぱり実際に食べてみないと、分からないことは多いな。

お会計は3570円。屋台時代から人気の焼きラーメンは、つまみにも締めにもピッタリの品だった。常連さんと店員さんの親密さを感じさせる、和気あいあいとした雰囲気も印象的だ。博多を訪れたらまた寄りたいな。