桂林

2014年3月23日

昨年の5月下旬の平日、お昼時。所用で登戸を訪ねたついでに、南武線で稲田堤まで足を延ばしてみた。

稲田堤付近からの多摩川の眺め

お目当ては多摩川河川敷のたぬきやだったのだが、あいにくの不定休に引っかかってしまった。さてどうしたものか。

「そういえば稲田堤にあんかけ焼きそばの美味しい店があるとか……」

以前バイク仲間から聞いたそんな噂を思い出す。

川崎市多摩区 稲田堤 中華料理 桂林

ネットでそれらしい店を確認して、やってきたのが中華料理の店、桂林。こじんまりとした街中の中華料理屋で、近所の人がごく普通に昼食に利用するような店構えだ。建物が真新しいなあと思ったら、どうやらつい最近リニューアルしたらしい。店内へ入ると「いらっしゃいませ」と奥さんが迎えてくれた。厨房でご主人が調理を担当されている。

客席は厨房に面したカウンターが5脚。左手に小上がりが3卓。店内もやはりこじんまりとしているが清潔感がある。先客はカウンターに男性が1人と、小上がりにご婦人の2人組。お冷をいただきながら手元のメニューを確認。

稲田堤 桂林 メニュー

なんと、焼きそばだけで5種類もある。焼ソバ、ソース焼ソバ、あんかけ焼ソバ、肉細切れ焼ソバ、あんかけ揚げ焼ソバ。ちなみに先客の男性はあんかけ焼きそばを、ご婦人たちは餃子を食べていた。たしか話に聞いてたのは普通のあんかけ焼きそばだったよな、とひとりごちながら、あんかけ焼きそば(650円)とビール(500円)を注文。

キリンラガーを飲みつつ待つことしばし。美味そうなあんかけ焼きそばが運ばれてきた。

あんかけ焼ソバ 650円

麺は中太でところどころパリっとした半揚げの焼き目が付いている。餡の具は白菜、青菜、玉ねぎ、人参、筍、豚肉、エビ、そして天辺にうずらの玉子。餡は甘めの醤油風味で粘度は普通。これぞという特徴があるわけではないが、麺の具合も餡の塩梅も丁度良く確かに美味い。特に青菜と油脂の味わいが個人的に好みだった。熱々の焼きそばで冷え冷えのビールが進む進む。思った以上に満足度の高い焼きそばだ。

餃子や定食、ラーメン類も手ごろな値段で美味しそうだった。ちょっと良い拾いもののお店である。近所のサラリーマン3人連れが後から入ってきたが、ふらっとランチに来れるのが羨ましい。

桂林