横濱一品香 福富町店 (神奈川県横浜市)

横濱一品香は1955年(昭和30年)に創業した中華系のチェーン店だ。タンメンが有名で横浜を中心に十数店舗を展開している。前回紹介した渋谷の一品香とは直接の関係はなさそうだが、ここも独特な上海焼きそばを提供している。

横濱一品香 福富町店

今回紹介するのはチェーンの中で現存する最も古い店舗の福富町店。2月上旬の平日、11時過ぎの開店直後に訪れてみた。

最寄り駅は関内駅で、伊勢佐木モールの少し北の小路に店舗がある。店頭の商品サンプルが食欲をそそる。

店頭の食品サンプル

入店してすぐ右がカウンターで、正面奥がテーブル席。二階もあるようだ。早い時間だけど先客がポツポツと入っていた。カウンターに着席して、上海焼きそば(720円)を注文した。

焼きそばは上海と五目の2種があり

ちなみに焼きそばは上海焼きそばと五目焼きそばの2種類があり。他の客はタンメンと餃子の注文が目立った。

カウンターを挟んだ厨房では、2台のコンロと中華鍋でガシガシと調理をしている。タンメンも焼きそばも一人前ずつ野菜をザルに盛って準備し、手際よく作っていた。5分余りで配膳。

上海やきそば 720円

ここの上海焼きそばの最大の特徴は、うどん並みの極太麺だろう。タンメンとは違う麺を使っていてモチモチした食感が楽しめる。具はモヤシ、キャベツ、ニンジン、ニラ、木耳、豚肉。具の方はタンメンとほとんど同じようだ。味付けは塩ベースの中華風。

うどん並みの極太麺が特徴的

上海風というより横浜の大衆中華に多いチャーメン風で、割りとはっきりした味わいである。具に適度な焦げ目が付いて香ばしい。なかなか食べ応えもある。

一方で付け合せのスープはかなり薄味。油が浮いている割りにさっぱりした風味だ。熱々で美味しい。

スープは薄味、さっぱり風味

炒めるタイプの上海焼きそばで、ここまで太い麺を使っている店は珍しい。味付けはともかく麺だけは本場・上海の焼きそばに近づいている感がある。偶然なのだろうけど、興味深い焼きそばだった。

横濱 一品香 福富町店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:045-261-1636
住所:神奈川県横浜市中区福富町仲通1-1
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:元旦除き無休
ホームページ
主なメニュー上海やきそば 790円

絶品たんめん 750円
焼き餃子(6個) 310円 ハーフ(3個)160円
This entry was posted in 横浜市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください