つくも (東京都渋谷区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

あんかけ焼きそばをしばらく紹介してきたが、そこから皿うどんへと流れを変えよう。ほとんどの人は知ってると思うが念のために説明すると、皿うどんとは長崎発祥のあんかけ焼きそばである。極細の揚げ麺に具沢山の餡が掛かったものが基本形で、ちゃんぽんとともに長崎名物として有名な麺料理だ。太麺の皿うどんもあるのだが、その辺については次回以降で紹介したい。

さて、今回の店。

原宿駅から表参道を東へ歩き、明治通りを右折して100mほど歩くと、右手に「つくも」という店がある。ラフォーレ原宿だの表参道ヒルズだのが近所にあるとは思えない、狭い狭い間口の鄙びた店だ。

原宿 つくも

営業時間は平日のランチタイムのみ。売り物はちゃんぽんと皿うどんのみ。客席はカウンター8席のみ。のみのみのみだらけなのだが、これが美味いと評判なのだ。私にとっては完全アウェイの土地だが意を決して訪れてみた。

メニューはちゃんぽんと皿うどんのみ

正午直前に到着すると外に二人並んでいた。ちゃんぽんも皿うどんも熱くて量があるメニューなので客の回転は良くなさそうだ。10分余り待って入店。カウンターの中の店主からお冷やを受け取って皿うどん800円を注文した。周りの客はちゃんぽんが7割、皿うどんが3割くらいか。

中華鍋でガシガシと具を炒め、味を整えトロミをつけてはい出来上がり。ちゃんぽんに比べると麺の茹で時間の分、出てくるのが早い。サービスのゆかり御飯と一緒にいただこう。

皿うどん 800円 ゆかり御飯はサービスで

麺は「これぞ長崎皿うどん!」といった感じのパリパリに揚げられた極細麺。色は白っぽい。餡は粘度高めであっさりした味付けだ。具はキャベツ、モヤシ、人参、長ネギ、キクラゲ、豚肉、イカ、カマボコ、薩摩揚げスライス。麺に比べて餡の量が多いが、味付けが薄めなのでバランス的には丁度良い。

卓上にはウスターソース・酢・白コショウ・練りカラシが置かれている。東京では酢とカラシを使う人が多いが、本場長崎ではソースを掛けるのが一般的だそうだ。試しにウスターソースを掛けてみるとソース焼きそば風に風味が変わって最後まで飽きずに食べられた。ゆかり御飯も美味しくてすっかり満腹である。

よくもまあこんな場所にこんな店が、とそれだけで感心してしまうお店である。原宿近辺で平日ランチに悩んだときに、一度試してみてはいかがだろう。

つくも

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報住所:東京都渋谷区神宮前6-29-5
営業時間:11:30~13:30
定休日:土曜・日曜・祝日
主なメニューちゃんぽん 800円 大盛 900円
皿うどん 800円 大盛 980円
This entry was posted in 渋谷区 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">