朱華園 (広島県尾道市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

尾道ラーメンを代表する人気店の朱華園では、中華そばや叉焼麺に交じって独特な焼きそばを注文する客も多いらしい。11時から14時までと短い営業時間の中で、焼きそばは午前中に売り切れてしまうこともしばしばあるとか。そんなに人気なら一度は食べておかねば。

尾道ラーメンの人気店 朱華園

訪れたのは丁度一年前、昨年の5月中旬。平日の開店直後なのに、店内の客席は既に9割がた埋まっていた。行列必至の店と聞いてたがさすがの人気ぶりだ。修学旅行生のグループまでいる。注文は食券制。受付窓口的なカウンターで食べたい品を告げ、小判型でプラスチック製の番号札を受け取り、着席して待つというシステムだ。

朱華園 メニュー

メニューは中華そば・叉焼麺・焼きそば・ワンタン・焼き餃子。以上。目的は焼きそばだがせっかくなので尾道ラーメンも食べておきたい。性懲りも無く中華そば(550円)と焼きそば(770円)の両方を注文。「はい、そば焼きー」と厨房へ通す。なるほど、中華「そば」と「焼き」そばで「そば焼き」か。

空いているカウンター席に着いたが随分狭い。行列を軽減するために席を多く取っているのだろう。客が多くて店内を見渡しにくいため席数は判然としないがカウンターやテーブルを併せて34席あるらしい。

中華そば 550円

セルフサービスのお冷を飲みつつしばらく待って、まずは中華そばが配膳。麺は平打ちの細麺で歯応えがある。スープは醤油味で出汁は鶏がら+豚だろうか。脂が浮いてて意外にこってりしており、外観から想像したより濃厚な味わいだ。具はチャーシュー一切れとメンマで、小口切りの葱が浮いている。チャーシューも歯応えがあって旨味たっぷり。最後まで熱々で美味しくいただけた。

焼きそば 770円

中華そばを食べてる途中で焼きそばも登場。麺は中華そばと同じ平打ち細麺で、しっかり焼かれていてコシがある。具はキャベツ・玉ねぎ・長ネギ・人参・木耳・椎茸・筍・チャーシューに豚肉と具沢山。麺を引っ張り出すのも一苦労だ。付け合せのスープは中華そばのスープと同じもので葱が浮いていた。

卓上には焼きそば用ソースが

味付けだが、この店の焼きそばはソース後掛けタイプで、卓上に「焼きそば」と明記されたソースが置かれていた。まずそのまま食べてみたが、ほんのり油脂と野菜の風味が感じられる程度。ソースは酸味の強いタイプで、掛けるとぐっと味わいが変わる。麺にソースが滲みて、大ぶりな具材に負けない食べ応えになった。うーん、これは美味い。焼きそばだけでも勝負できる味ではないか。

焼きそばもコシのある平打ち細麺

食べ終わって店を出てからも次々と客が入ってきた。焼きそばにありつくにはやはり早めの時間帯が良さそうだ。ちなみに近くにあった雑兵という尾道ラーメンの店でも「尾道風塩焼きそば」と名付けて同様の焼きそばが売られていた。あるいは「尾道(風)焼ラーメン」という名前で売っている店もあるようだ。尾道の新しい名物として全国に広まる日は意外に近いかも知れない。

朱華園

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0848-37-2077
住所:広島県尾道市十四日元町4-12
営業時間:11:00~19:00
定休日:木曜・第3水曜(祝日の場合営業)
主なメニュー焼きそば 770円

中華そば 550円 叉焼麺 770円
ワンタン 550円 焼き餃子 4個230円 8個460円
This entry was posted in 尾道市 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">