華連 (千葉県香取市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

千葉県香取市の小見川つゆだくカレー焼きそば。2軒目に紹介するのは華連という町中華屋さんだ。こちらもらんちばさんのブログ記事で知ったお店だ。前回、さかえ食堂の記事の冒頭で『小見川のカレー焼きそばは「さかえ食堂系」と「一心堂系」の2系統に分類される』と述べたが、こちらは後者の「一心堂系」に当たる。

小見川 華連

華連はJR成田線の小見川駅から南に延びる県道28号沿いにある。さかえ食堂でカレー焼きそばを平らげた5分後に訪問。本当なら連食する際はもう少し時間を置きたいのだが、近いのだから仕方ない。こういう時はバイクの機動性がちょっと恨めしく思える。

華連 店内の様子

先に訪れたさかえ食堂に比べると、ずっと小綺麗な店舗だ。客席はL字型カウンターと小上がり2卓。土曜日のちょうど正午というタイミングで先客は4人。後からポツポツ新しいお客さんもやってきた。

華連 メニュー

お店はご夫妻らしきお二人で切り盛りしていて、男性が厨房、女性がホールを担当している。メニューは麺類と丼物が中心。こちらでは「カレー焼きそば」ではなく、「ソース焼きそば(カレー味)」という表記になっている。カレー焼きそばがあるのに、カレーラーメンが無いのは珍しいかも。

店頭で焼きそばをアピール

そういえば店頭でもソース焼きそばをアピールしていた。それによるとカレー味ではないノーマルのソース焼きそばもスープに浸ったスタイルらしい。つゆ・スープ入り系の焼きそばは全国各地にあるが、同じ千葉県の船橋ソースラーメンのルーツ、「ダイヤキ」と関連があるのかも知れない。

スプーンとカレー粉が付いてくる

ノーマルのソース焼きそばにも興味が湧いたけど、当初の予定通りソース焼きそば(カレー味・730円)を注文。暑さでお冷をゴクゴクと飲んでしまう。カレー焼きそばは10分弱で配膳された。スプーンが添えられ、脇にカレー粉の容器も付いている。

ソース焼きそば(カレー味) 730円

器は深みのある皿だ。炒めた焼きそばがスープに浸っている。私はつゆだく焼きそばを何度も経験しているので「あー、こういうことね。なるほどなるほど」と思うだけだが、慣れていない人はこのビジュアルで焼きそばと呼ぶことに違和感を覚えるだろうなあ。普段ラーメンしか食べていない人なら、ラーメンに分類したくなるのも無理はない。

柔らか細麺に魚肉ソーセージ

麺は細目の茹で麺で柔らかめ。具で使われているのは千切りキャベツとなんと魚肉ソーセージ。この魚肉ソーセージが「一心堂系」の特徴だそうだ。こちらではソーセージを手で細かく千切ってるような、独特な刻まれ方だった。

追いカレー粉でジャンクな味わいに

ボリュームはほどほど。見ての通りのつゆだく仕上げで、ソースっぽさは控えめな旨味主体の味付けだった。青のりや紅生姜などのトッピングは無い。追いカレー粉で、より一層ジャンクな美味しさに変わる。旨味にスパイシーな風味が加わって、やめられない止まらない、癖になる味わいだ。

熱々なスープもスプーンを使って飲み干して完食。お会計は消費税が付いて788円。焼きそばも美味しかったし、清潔感があって落ち着いた雰囲気の良い店だった。今度はソース焼きそばも食べてみたいなー。

華蓮

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 0478-83-1543
住所: 千葉県香取市下小川1285-1
営業時間: 11:30~14:30 17:00~21:30
定休日: 月曜(祝日の場合は火曜に振り替え)
主なメニューソース焼きそば(カレー味) 730円
ソース焼きそば 680円
This entry was posted in 香取市 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*