珍萬楼 川崎店 (神奈川県川崎市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

6月初旬の某日。食べあるキングのカレー担当・「カレーですよ」のはぴいさんと、餃子担当・「東京餃子通信」の塚田さんから「川崎の中華料理店へ行きませんか?」というお誘いを受けた。話によると、はぴいさん行きつけの珍萬楼という店が4月に川崎で新店を開いたそうな。その新店とすぐ近くにある餃子の名店・餃餃者とハシゴしようという企画である。

珍萬楼 川崎店

「どうします?」「はい! よろこんで!」とやるき茶屋ばりの返事で即座に快諾。決行は6月下旬の平日某夜。珍萬楼の川崎店に「カレー」「餃子」「焼きそば」という偏食おじさん3人が集まった。店内は広く、ボックス席が多数あり。家族連れでもゆったりできそうな造りだ。

珍萬楼 川崎店 店頭メニュー

メニューは中華系の小皿居酒屋らしい品揃え。一品料理と焼き餃子、飲み物一杯で1280円というセットもある。1人分はそのセットにして、焼き餃子と豚肉とブロッコリーの黒豆炒めと生ビールを。あとは棒餃子(480円)、水餃子(480円)と生ビール2杯を注文した。

餃子 350円

乾杯を済ませ、塚田さんの餃子評を拝聴しつつ食べ進める。焼き餃子はオーソドックスながらも丁寧な仕上がりの逸品。塚田さんのブログ・東京餃子通信に詳細が書かれているが、焼き加減が塚田さん好みとのこと。なにもつけずに食べても美味しい。

鉄板の棒餃子 480円

もうひとつの焼き餃子=棒餃子は皮の厚みも焼き餃子とは異なっていて、味わいも随分と変わる。塚田さん曰く、豚肉の比率が高く、ニンニクは不使用だろうとのこと。水餃子はもっちりと厚い皮で食べ応え充分。餃子三昧でビールが進む。お代わりお代わり。

水餃子 480円

豚肉とブロッコリーの黒豆炒めも絶妙な味加減で美味しい。そういえばご飯の代わりにブロッコリーを指定できる弁当屋さんが話題になっているけど、ブロッコリーの汎用性って高いんだなあ。

豚肉とブロッコリーの黒豆炒め

注文した品々があらかた片付いた辺りで、「さて、焼きそばですが何を頼みます?」と訊かれた。メニューにある焼きそばは「上海焼きそば」「海鮮焼きそば」「五目焼きそば」など。これという決め手がないので悩ましい。

珍萬楼 川崎店 麺類メニューの一部

迷っている最中、五目焼きそばの隣に載っている「珍萬麺」に目が行った。屋号を冠したメニューはその店オリジナルの自信作。ご飯もののページには「珍萬丼」もある。「そっか」と思いついて、店の人に尋ねてみた。

「このアタマを焼きそばに乗せることってできます?」
「はい、できますよ」
「ではそれをお願いします!」

裏メニュー 珍萬焼きそば

豚肉とキャベツなどの野菜を炒め、ピリ辛に味付けしてとろみをつけ、キッチリ焼かれた麺にドバっと掛けたあんかけ焼きそば。川崎店の裏メニュー・珍萬焼きそばがここに爆誕した!(おおげさ)

カリッと焼いた麺とピリ辛餡が合うんです

これが食べてみるとめちゃ旨い。カリッと焼いた麺にピリ辛餡がフィットして、ドンピシャの大当たり。「くそー、長年通っているのに何故これを頼まなかったのだろう」とはぴいさんが悔しがっていた。値段は未確認だが、たぶん珍萬麺と同じ780円のはず。

餃餃者にて乾杯写真

2時間ほどでお会計して、餃餃者へ移動。そちらも注文が入ってから餃子を手作りする素晴らしい店で、自宅へ帰れる終電ギリギリまで3人で楽しく飲み食いした。焼きそばは置いていないので記事化は控えるが、興味ある方は東京餃子通信の記事をどうぞ。はぴいさん、塚田さん、お誘いいただきありがとうございました! また飲みましょうー。

珍萬楼 川崎店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 044-222-1777
住所: 神奈川県川崎市川崎区南町20-3 川崎ビル 1F
営業時間: 11:00~15:00 17:00~26:00
定休日: 無休
主なメニュー珍萬焼きそば ???円
五目焼きそば 730円

餃子 350円 鉄板の棒餃子 480円
水餃子 480円
小皿料理 280円~
This entry was posted in 川崎市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">