龍華園

2017年1月21日

とんねるずの『きたなシュラン(きたなトラン)』に登場した高円寺の唐八景というチャンポン屋を以前紹介したが、環七を挟んだ内回り側にも同番組でチャンポンメンが取り上げられた店がある。それが今回紹介する南高円寺の龍華園。家から近いし焼きそばもあるらしいので行ってみることに。

高円寺 龍華園南

訪れたのは6月下旬、土曜日のお昼時。場所は環七の大久保通り入口交差点からから東へ入ってすぐ右手だ。見た目は昔ながらの中華屋だが、実は創業してまだ十数年らしい。

きたなトランのダーイシ人形

店員は訛りの強い中国人の親父さんとバイトの娘さん。客席はカウンター3卓にテーブル3卓。鄙びた雰囲気の店内をテレビの隣のダーイシ人形が見渡している。

龍華園 焼きそば系メニュー

メニューは麺類や一品料理が中心で定食もあり。前述した名物はチャンポンメンは壁に貼られていたが目的は焼きそばだ。7種ある中から什錦炒麺(五目焼きそば・700円)を選んで注文。入れ違いに出て行った先客は定食と麺類を食べていたようだ。

厨房から中華鍋の音が聞こえてくる。出された冷たい中国茶が美味しい。5分ほどで出来上がり。

什錦炒麺(五目焼きそば) 700円

麺は茹でた細麺の両面を揚げ焼きしたもの。いわゆる両面黄。餡は醤油系。具は小松菜・キャベツ・人参・イカ・エビ・肉・ウズラの玉子・木耳・筍。ざっけない盛り付け方がちょっと勿体ない。ウズラの玉子を天辺に乗っけるだけで多少は見栄えが変わるだろうに。ま、見た目は気にしないだったか。

焦げ目の付いた麺に餡を絡めて

干し椎茸か、出汁の風味が薫る餡が美味い。程よい粘り気で麺に良く絡む。卓上の酢とカラシもなかなか合う。押さえるべきところは押さえてある美味しいあんかけ焼きそばだ。意外にボリュームもあり満足できた。これで700円は安い。

TVに出ていたホンジャマカの石塚を「高円寺純情商店街でよく見かける」とか親父さんからそんな情報を得てお会計。他の焼きそば類も興味が沸くが、とりあえず次回はチャンポンメンだな。

【2017.01.21追記】コメント欄で教えていただきました。江古田に移転されたそうです。 

龍華園