亀八食堂

2014年3月21日

焼きそばだけでなく焼きうどんの名店も紹介しよう。

三重県亀山市 亀八食堂

三重県亀山市にある亀八食堂は、みそ焼きうどんが名物の食堂だ。地理的には東海道五十三次の亀山宿と関宿の中間地点。「鈴鹿の関」の東に位置し、古代から現代に至るまで交通の要衝とされてきた。関宿に残る宿場町に留まらず、今でもドライブインやトラックステーションが立ち並ぶ地域だ。そして亀八食堂も昭和36年の創業以来、トラックの運ちゃん達のお腹を満たしてきた。

訪れたのは平日の正午直前。広い駐車場に広い店内。いかにも幹線沿いの食堂といった風情である。席に案内されてまず目に付くのは、無骨なガスコンロと大きく真四角な鉄板だ。この鉄板上で味噌味の肉野菜やうどんを焼くわけなのだが、当然焦げる。そして焦げはホールの女性たちがコテを使ってガリガリガリガリと力技で削り、次の客が着席するまでにほぼピカピカな状態まで磨き上げる。あっちでガリガリ。こっちでもガリガリ。混み合う店内は削る音が絶え間なく聞こえる。

そんなことに気を取られてると、女性スタッフが注文を取りにきた。鉄板の焦げと一緒に他の何かも削り落としてしまったのか、この店のホールの女性陣は基本的に無愛想だ。この店のメニューには定食などがなく、肉類と主食を組み合わせて注文するちょっと複雑なシステムなのだが、その説明すら一切ない。予習しといて良かったなぁ、と独りごちつつ豚肉550円、ホルモンA550円、うどん玉100円、ライス小150円を注文した。

注文は無線で厨房に伝わるらしく、巨大な塵取り状の容器を手にした別の女性がすぐに現れた。塵取りには肉類を覆い隠さんばかりのキャベツとモヤシが盛られている。それをざーっと鉄板の上にあけて無言で立ち去って行く。入れ違いに今度はおばあちゃんが袋に入ったままのうどん玉とライスを持ってきた。

「お冷やはセルフサービスなので、必要ならあちらからどうぞ」

辛うじてそれだけを告げると、やはり調理方法の説明など一切無く去っていった。接客にやや難のある店だが、これもこの店の味なのだろう。

一切説明のないままこの状態に

予習した通り、野菜と肉が焦げないように割り箸でひっきりなしに混ぜる。キャベツは大雑把なざく切り。モヤシはひげ根付き。肉類には最初から油と味噌だれが絡めてあるのだが、それがやたら跳ねる。ワイシャツ&ネクタイ姿で食事をしているサラリーマンも何人かいるが、汚れは大丈夫なのだろうか?

やがて野菜類がやわらかくなり、ホルモンにも火が通った頃合を見計らってうどんを投入。さらにワシャワシャとかき混ぜ、全体に火が通ったところで、火加減を小さく調節して完成である。

亀山みそ焼きうどん

まずは肉と野菜を御飯に乗せてハフハフと一口。味噌は甘辛く、当然ながら豚肉にもホルモンにも合う。というか中京名物のトンチャンそのものだろうか。濃い目の味付けなのに、大量の野菜から出る自然な甘みのお陰で食べ飽きない。

そして肝心の焼きうどんだ。強烈な味わいの肉野菜連合に対して、うどん玉自体は何の癖も無い。太く柔らかく腰も無く、単独でうどんとして食べたら大して美味く無さそうだ。しかし、この店ではその癖の無さが大きなアドバンテージとして生かされていた。

豚肉とホルモンを使った焼きうどん

肉と野菜の旨味が溶け込んだ甘辛味噌ダレを、うどん玉がその太さと柔らかさで十二分に吸収してくれるのだ。これが不味かろうはずがない。炭水化物同士の組み合わせになるのだが、うどんを乗せて御飯を食べてもこれまた美味い。一点、注意すべきはその熱さか。気をつけて食べたつもりだったが、口の中を火傷してしまった。冷やすのにはビールが一番良いのだが、バイクのため飲めないのが悔しい。

あらかた食べ終わった頃、平日なのにマスツーリングの団体が入ってきた。ライダーは安くて美味くて量が多い食事処を良く知っており、それ自体をツーリングの目的にもする。機動力が高いのであちこち食べ歩きも苦にせず、ブログなどでそれらの情報を詳しく発信している人も多い。個人的には、バイク乗りが今のB級グルメブームの影の貢献者ではないかと思うのだが、身内びいきだろうか? ……あっ、ノンアルコールビールを飲み出した。くそー、その手があったか!

会計は合計1350円。昼食としてはちと高いが、亀山の味噌だれ焼きうどんを満腹になるまで堪能できた。

亀八食堂