味王 沼袋店

2016年12月3日

※残念ながら2016年3月20日に閉店しました……中野店や池袋店は残っているので、そちらをご利用ください。

「台湾の焼きそばもこの機会に紹介したいなー、どの店にしようかなー」と考えて近所の店を思い出した。西武新宿線の沼袋にある台湾料理店・味王だ。これまで3~4回使ったことがある。

台湾料理 味王 沼袋店

4月中旬、とある日の夜。馴染みのやきとん屋・たつやで良い感じに暖気を済ませて味王へと向かう。味王はここ沼袋の他、中野池袋にも店舗があるらしいが、どこが本店かは良く分からぬ。(ちなみに新宿の味王・小酒舘は無関係らしい)

味王 沼袋店 店内の様子

店内は丸テーブルが5卓あり。先客は数人のサラリーマンとOLたちが1組。日本語が怪しい感じの店員さんに促され奥のテーブルに着席。グランドメニューと一緒に週替りのランチメニューを渡された。

味王 週替わりランチメニュー

この店、何故か夜でもランチメニューが注文できる。グランドメニューの台式炒麺(台湾式やきそば)が750円。それに諸々副菜が付いた炒麺セットが全く同じ750円。どう考えてもこっちがお得という炒麺セットを注文した。

味王 焼きそば系グランドメニュー

ちなみに焼きそば系のグランドメニューには炒米粉(やきビーフン)や広式炒麺(五目あんかけやきそば)、さらには南印炒麺(南インド風やきそば)や星州炒米粉(シンガポール風やきビーフン)などの品々がある。それらも魅力的だが、ランチセットは前述の台式炒麺のみ。さらに週替わりのはずだが炒麺セットは必ずある気がする。そのためか、この店では焼ビーフンよりも台式炒麺をセットで注文する客が多いのだ。

炒麺セット 750円

5分余りで色々載せられたお盆が運ばれて来た。メインディッシュの焼きそばに半チャーハン、スープにサラダ、御新香、杏仁豆腐。これで単品と同じ750円ってのはお得だよなあ。

台式炒麺(台湾式やきそば) 単品でも750円

焼きそばの麺は中細の中華麺。具は豚肉、干しエビ、キャベツ、ニンジン、モヤシ。味付けは醤油風味でオーソドックスな中華風焼きそばという味わい。定食のおかずポジションだがちゃんとしたボリュームで、ちゃんと美味しい。

オーソドックスな醤油風味の中華焼きそば

半チャーハンも無難な味わい。温かいのが嬉しい。本来は温かくて当たり前なのだが、作りおきの酷いのを出す店も意外と多いのだ。サラダは大根サラダ、御新香はキュウリのきゅうちゃん。豆腐とワカメのスープに杏仁豆腐のデザートで〆。盛り沢山で満腹感がある。満足満足。

デザートの杏仁豆腐で〆

食べている最中にテレビでさだまさしが歌い始めた。台湾出身らしい新人OLに団塊サラリーマンが講釈を垂れる。

「さだまさしはSMAPに『セロリ』って曲を提供したんだよ」
「あー『セロリ』知ってます」

そんな会話が耳に入って私のモヤモヤはMAX状態。(それ、山崎まさよしだから!)と心の中で突っ込みつつ店を後にした。

味王