らきいたろう (東京都北区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

今回紹介するのは田端にある居酒屋、らきいたろうさん。メシコレを縁に知り合ったぼさのばさんが愛用する飲み屋さんだ。今年5月に初めてお邪魔させていただいたが、その日はハシゴ酒だったのであまり食べることができず。いつか再訪せねばと思っていた。

田端 居酒屋 らきいたろう

ようやく再訪を果たせたのは半年以上経った12月中旬のこと。近所まで行く用事のついでにフラーっと足を延ばしてみた。前回はぼさのばさんに連れられて来たが、今回は一人。席は空いていたが何となくカウンターの一番奥に腰かける。

半額ビール、ばんざーい

この日は、たまたま休業日の前日ということで生ビールが半額の日だった。ラッキー♪ 店長のマコトさんも私の事を覚えていてくださった。ご無沙汰しちゃってすんません。

いも煮(ハーフ) 480円

店長のご両親は山形県米沢市のご出身で、そのためメニューには玉コンニャクや晩菊・鯉甘煮など、米沢の郷土料理も載っている。この日は日替わりメニューに山形名物の芋煮もあった。米沢のある置賜地方は牛肉を使った醤油仕立てだ。里芋もコンニャクも出汁がよーく滲みていて美味しい。

らきいたろう 日替わりメニュー

ところで5月に私がうかがったのが縁で、こちらでも焼きそばを始めたらしい。それが日替わりメニューの筆頭に載っている、らきい焼きそば(680円)だ。もちろん注文。ビールもお代わり。店もだんだんと混んできた。

フライパンで調理された焼きそばも乙なもの

「調理しているとこ、撮らせてくださーい」とお願いしてパシャッとな。コナモン屋なら鉄板、中華屋なら中華鍋だろうが、こういうフライパンで作る焼きそばも乙なものだ。しばらくして焼きそばを盛り付けたお皿が運ばれてきた。

らきい焼きそば 680円

麺は中太の蒸し麺。谷中のよみせ通りにある大沢製麺所の焼きそば麺を使っているそうだ。具は豚肉とざく切りキャベツ。青海苔をトッピングして紅生姜を添えたオーソドックスなスタイルのソース焼きそばだ。

大沢製麺所の麺にユニオンソース、旨い

味付けはユニオンソースとのこと。中濃ソースにみりんなどをブレンドしているらしい。麺のもっちりした食感とユニオンソースならではの酸味に、ほどよい甘味も加わって酒にめっちゃ合う。シンプルな構成だけど味に深みがあって実にんまい。

オーストラリアから旅行中の青年がカウンターにやってきて、あれこれ会話。まだ焼きそばを食べたことがないとのことで一杯おごった。どうやら気に入ってくれたようで、お礼にTOKYO BLUESというクラフトビールをご馳走してくれた。エールビールだけあって、かなり苦みのある特徴的な味わいだ。こういうやり取りも楽しいなあ。

TOKYO BLUES 1000円

頃合いをみてお会計。料理も雰囲気も私好みの店だった。近所だったらもっとゆっくりできるんだけどなあ。この日はぼさのばさんと出くわさなかったけど、またご一緒させていただこうっと。

らきいたろう

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 050-5785-4634
住所: 東京都北区田端2-7-26
営業時間: 16:00~25:00
定休日: 火曜
ホームページ
主なメニューらきい焼きそば 680円

いも煮 880円/ハーフ 480円
玉コンニャク 3つ 100円
晩菊 340円 鯉甘煮 980円
生ビール 中500円 大900円
TOKYO BLUES 1000円
This entry was posted in 北区 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*