長田本庄軒 三宮センタープラザ店 (兵庫県神戸市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

丸亀製麺のトリドール社が運営する焼きそば専門チェーン、長田本庄軒。以前、東京の立川駅構内の店舗を紹介したが、最も繁盛しているのは神戸の三宮センタープラザ店だろう。常に混んでいる行列店として、同チェーンを代表する店舗だ。この8月、関西を訪れた機会に足を延ばしてみた。

長田本庄軒 三宮センタープラザ店

訪れたのは8月下旬の平日の午前11時前。開店直後を狙い口開けに入ることができた。店舗は通路に面したオープンスタイルだ。厨房を囲むように、L字型に15脚ほどカウンター席が配置されている。平日でも行列が絶えないので、客のいない外観写真はなかなかレアなはず。

長田本庄軒 メニュー

自家製生麺と神戸市長田区名物のぼっかけ(すじコン)を使った「ぼっかけ焼きそば」が、長田本庄軒の看板メニューだ。麺やソースなど長田の「そば焼」本来のスタイルとは異なるのだが、生麺の食感や目の前で焼かれていくライブ感も含め、ここの焼きそばのファンは多い。今回はそのぼっかけ焼きそば(並・500円)の目玉焼き(100円)トッピングを注文した。

グルグル回転でソースの酸味を飛ばす

鉄板に油を引き、キャベツをドサっと乗せる。茹で上げたあとに水で締めた麺を乗せ、混ぜ炒める。削り粉、ぼっかけ(すじコン)、天かすを加え、ソースで味付け。ここからコテで麺をグルグルと回す。このグルグル回転する工程でソースの酸味を飛ばすのが、長田本庄軒の特徴的なメソッドだ。

ソースや青海苔などの調味料類

焼きそばが完成が近づいてくると、ソースや青海苔などの調味料類を持ってきてくれる。ちなみにソースは、神戸が誇るオリバーソースによるオリジナルソース。スパイシーな「どろソース」もちゃんと用意されているのが嬉しい。

炒め終わった焼きそばをチリトリに乗せ、目玉焼きと青ネギを盛り付けて出来上がり。目の前の鉄板に置いてくれた。

ぼっかけ焼きそば(並)500円+目玉焼き(100円)

麺はやや太めの自家製麺。具はぼっかけ(=すじコン)、キャベツ、天かす。トッピングに目玉焼きと青ネギ。味付けのオリジナルソースは甘口だが、刺激的なスパイスの風味もチラホラ垣間見える。天かすのコク、牛スジの旨味、煮汁の甘み。賽の目に刻んだコンニャクの食感も、良いアクセントになっている。

長田本庄軒で最も特徴的なのは、やはり麺だろう。モチモチ感を好む関西では、焼きそばに生麺を使う場合、麺を茹でた後に水で洗わず、そのまま炒めるのが一般的だ。しかし長田本庄軒では茹でた麺を冷水で締める。これが関西ではかなり珍しい。丸亀製麺という母体があるから生まれた発想だろうか。

生麺を茹で冷水で締めるのがここのスタイル

冷水で締めることによって麺のモチモチ感はいくぶん損なわれるが、代わりに冷うどんやつけ麺のようなツルツル・シコシコしたコシが生まれる。その食感の新鮮さが、ここの焼きそばが受けている一因だと私個人は分析している。枚方の生麺焼そば・こなひろや阪神野田のてっぱん源治家など、生麺を茹でて水で締める店が関西で増えつつあるのも、ここの影響かも知れない。

ところで長田本庄軒の創業時期はあまり知られていない。手持ちの本やネットで調べても不明だったので、今回直接トリドール社に問い合わせてみた。回答によると長田本庄軒で最初の店舗はイトーヨーカドー明石店で、2004年9月17日オープン。旗艦店とも呼ぶべき、ここ三宮センタープラザ店は、2006年4月20日にオープンしたそうだ。この地で既に11年半ということになる。この店舗が最も古いわけではないが、地域に根付いているのは間違いない。

ぼっかけ(=すじコン)が食味のアクセント

屋号に「長田」という地名を掲げているが、長田的な要素は「ぼっかけ」だけという点が、個人的にずっと引っ掛かていた。しかしこれほど地域に定着している様を目の当たりにすると、これは長田のそば焼とは別に、「長田本庄軒」という独自スタイルが確立されたものと解釈すべきだろう。広く展開しているため、埼玉県行田市の飯島屋など、関東にもその影響は及んでいる。これまでとは少し視点を変えて、より積極的に評価していきたい。

目玉焼きを崩したり、どろソースを足してスパイシーにしたり。最後は五連ホールのマヨネーズも試すなどして、味変もいろいろ楽しめた。舌の肥えた神戸市民が行列を作るだけあって、完成度の高い焼きそばだった。

どろソースを足してスパイシーに

同じフロアには長田本来の「そば焼」にこだわる長田タンク筋があり、すぐ近所には日田系の両面焼きそばを提供する、まる喜という専門店もオープンした(近日紹介予定)。前回紹介した六甲道の焼きそば専門店・濱崎にも、個性的でハイレベルな焼きそばがある。神戸界隈の焼きそばが、今かなりアツい状況になっている。興味ある方は食べ比べてみて欲しいなあ。

長田本庄軒 三宮センタープラザ店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 078-391-3314
住所: 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目9-1 三宮センタープラザ東館 B1F
営業時間: 11:00~21:00
定休日: 無休(※1月1日のみ休み)
ホームページ
主なメニューぼっかけ焼きそば 並 500円 大 620円
ぼっかけ玉子モダン 並 670円 大 770円
豚ソース焼きそば 並 530円 大 630円
豚玉子モダン 並 680円 大 780円

目玉焼き・ネギ大盛・チーズ 各プラス100円
定食(ごはん・味噌汁) 200円
This entry was posted in 神戸市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*