桂苑 (北海道小樽市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

今回からあんかけ焼きそばが売りのお店を連続してご紹介します。ソース焼きそばもあんかけ焼きそばもルーツは勿論中国。大陸の「炒麺」が多様なのと同じく、日本でも「焼きそばと言えばあんかけだろ」という地域・お店がそこかしこにあります。


小樽ではあんかけ焼きそばが昭和30年代から市民の間に普及している。最近では知名度向上を目的として「あんかけ焼きそばPR委員会」が組織されるなどアピールにも余念がない。市街地のアーケード、都通り商店街にある中華食堂・桂苑もあんかけ焼きそばが人気の店である。

小樽市 中華食堂 桂苑

雨の平日の正午に訪問。テーブルが8卓にカウンターが5席という規模のお店だ。お昼時とあって席は半分程度埋まっている。ワイシャツ姿のサラリーマンや買い物途中の女性などが多い。

ホールを一人で切り盛りしてる多忙なおばちゃんに「空いてるとこ座ってー」と促され、テーブルの一つに腰掛けた。まだ先客の片づけが済んでいないが、この時間帯では仕方あるまい。他の人が注文したあんかけ焼きそばにかぶせて自分もあんかけ焼きそば750円を注文。「はい、麺1丁ー!」と厨房に通している。噂の通り、人気メニューで客の7・8割があんかけ焼きそばを頼んでいた。

あんかけ焼きそばは一度に大量に作るらしく、出来上がるや否や、自分より早い客も後の客も一斉に配膳された。白いお皿に適度な量の麺と餡が盛られている。あんかけの人気店は盛が良い店が多いので内心ビクビクしていたが、この量なら軽く食べられそうだ。

あんかけ焼きそば 750円

麺は中太の柔らかい蒸し麺。焦げ目があちこち付けてあって、食感が楽しい。餡は粘度が高めで、具は玉ねぎ、白菜、ピーマン、モヤシ、タケノコ、キクラゲ、人参、エビ、豚肉。野菜のシャキシャキした歯応えが程よく残してある。味付けは醤油ベースでやや濃い目だが、後を引く絶妙な加減だ。脇に添えられている練りからしを溶かすと、より刺激的になる。卓上には酢・ラー油・ソース・一味などがあったが、敢えて掛ける必要はないだろう。付け合せの中華スープも嬉しい。透き通ったスープに刻みネギが浮いている。しょうがの風味だろうか、爽やかな味だ。

女性の一人客も気軽に入ってあんかけ焼きそばを注文していた。清潔感も活気も両立させている店というのは、ありそうでなかなか無い。皿を空にしたとたん、もう一杯食べたくなったが、それはまた今度ということで。

中華食堂 桂苑

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0134-23-8155
住所:北海道小樽市稲穂2-16-14
営業時間:11:00~21:00
定休日:木曜日
主なメニューあんかけ焼きそば 750円
ソース焼きそば 揚げそば 各750円
ラーメン しょうゆ・塩650円 みそ700円
チャーハン 700円
This entry was posted in 小樽市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">