不二屋 (三重県松阪市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三重県・松阪市で独特のやきそばと中華そばを提供してきた老舗・不二屋。「松阪のソウルフード」という地元民もいるほどの人気ぶりだ。

松阪市 不二屋

平日の18時に訪問。本来なら余所で軽く呑んでから訪れたいところだったのだが19時閉店のためこんな時間にやってきた。まあ、ここでやきそばを肴に一杯やるのも良かろう。

テーブルに置かれているパンフレットによると創業80年とのこと。しかし最近改装したらしく、店内はとても明るく清潔感に満ち、そして広い。全ての席はボックス席で、ぱっと見はファミレスのようだ。たまたま入店したタイミングが悪かったのか店内はガラガラ。人気の老舗と聞いていたのだが入る店を間違えたのかと思ったくらいだ。

メニューは中華そばとやきそばを薦めており、それらの発展系やちゃんぽんなどがメインである。メニュー表記によると、この店では「焼きそば」ではなく「やきそば」らしい。さらにソース焼きそば的な炒麺系統ではなく、長崎皿うどん的な炸麺系統である。

と、ここで重要なことに気付いた。メニューに酒が一切載ってない。三重県が誇るキンミヤ焼酎どころかビールすら無い。やきそばを肴に一杯……という計画が脆くも崩れた。

「仕方ない、さっと軽く食べてから別の店で呑めばいいか」

やきそば(700円)を注文して、動揺を悟られぬようにじっと待つ。やがて運ばれてきた皿は直径40cm近い大きさだ。中央に据えられた揚げ麺の上にモチャッと餡が乗っている。うーむ。とてもじゃないが軽く食べられる量ではないぞ、これは。

やきそば 700円

餡の具はキャベツ、モヤシ、玉ねぎ、長ネギ、竹の子、豚肉。餡の粘度はとても硬いが、色は透明で味付けもあっさりしている。これもパンフレットによると「中華そばにも使っている和風ダシや野菜を使」っているらしい。

麺は太め。当然だが揚げてあるので堅い。パリパリと麺を割り箸でつつき、崩れたところを餡を絡めて団子状にまとめて食べてみる。サクサク感だけでなく、餡の水分を吸って多少やわらかくなった部分もある。食感が楽しい。

卓上にはソースと胡椒。ソースを少し掛けてみたが、自分の口にはちょっと合わなかった。もっと思い切ってダバダバ掛けた方が良かったかも知れない。

ここでまたパンフ登場。「昭和の始め、うどんの不二屋として先代が創業。しばらくして関西を中心として食べ歩きを始め、味の研究に時間をかけ不二屋独自の「中華そば」「やきそば」が誕生しました」とのこと。

気がつけば回りのテーブルはほぼ埋まっていた。レジでは持ち帰りの客もいる。そして中華そばの器もでかい。値段の割りにボリュームもあり、上品で食べ飽きない味。地元民に人気があるのも当然か。満腹で飲み歩きは断念せざるを得なかったが、やはりわざわざ食べに来てよかったと感じた逸品だった。

不二屋

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0598-23-9605
住所:三重県松阪市中町1900
営業時間:11:00~14:30、16:00~19:00 ※土日祝日は18:00まで
定休日:木曜日
ホームページ
主なメニュー中華そば 700円 五目中華そば 800円
やきそば 700円 五目やきそば 800円
This entry was posted in 松阪市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">