チャーミングチャーハン

前回紹介した喫茶マリヤを出て、スマホを片手にポケモンを探しながら京都の街を散策。真夏の京都の殺人的な暑さで溶けそうになりつつ徒歩で移動し、午後1時前に次の目的の店、チャーミングチャーハンに着いた。

京都市 堀川丸太町 チャーミングチャーハン

場所は堀川丸太町交差点の少し東。客席はテーブル5つにカウンター7席。基本的にはごく普通の中華屋さんなのだが、屋号のインパクトがデカすぎる。平日だがお盆休みの直前ということもあってか、客はまばらだった。

何にでもチャーハンをつけられます

さて、メニュー。この店は屋号の通りチャーハンが売りで、どの料理にも250円増しでチャーハンをつけることができる。ミニサイズではなくフルサイズ、一品料理や麺類はもちろん、ご飯モノもOK。さらにはなんと焼飯(ヤキメシ)にまでチャーハンをつけることもできるのだ!

チャーミングチャーハン 麺類メニュー

「ちょっとどうかしているのでは?」と思わせるそのセットも食べてみたいが、焼きそばブログの主としてはそうもいかない。というわけで焼きそば(合菜炒麺・600円)のチャーハン付き(+250円)、通称「ヤキヤキセット(850円)」を注文した。

「はい、ヤキヤキ一つお願いします!」

チャーミングチャーハン 店内の様子

以前も書いたが実は京都は学生の街。餃子の王将や天下一品などガッツリコッテリ系の店が好まれる傾向にある。焼きそばもしかり。大とらふくい、そしてジャンボなど、ボリュームのある焼きそばが受けているのだ。この店も普段はきっと学生で賑わっているに違いない。

……なんて言っているうちに注文から5分も掛からずに焼きそばとチャーハンが配膳された。早い! 焼きそばとチャーハンが全く同じ皿に盛りつけられている。さらにマグカップ入りのスープ付き。炭水化物万歳。

ヤキヤキセット 850円

焼きそばの麺は中細の中華麺。恐らくラーメンもこの麺だろう。具は豚肉、キャベツ、モヤシ、人参、ニラ、玉ねぎ。紅しょうがは卓上のケースからトッピング。

焼きそば 単品だと600円

味付けは中華風のダシに醤油も入ってるかな。麺も一緒に炒めてしまった肉野菜炒めという趣の仕上がり。ちょっとしょっぱ目だけど無難な美味しさで、これぞ大衆中華という、定番の味わいの焼きそばだった。

麺入り肉野菜炒め的な大衆中華焼きそば

チャーハンはご飯に玉子、人参、ネギ。ご飯がやや固めで、パラパラというかパサパサな感じ。個人的にはもうちょっとしっとりしている方が好みだが、250円で一人前食べられることを思えばコスパ的には十分だろう。

チャーハン付きは250円増し

スープはワカメとネギ入り。スッキリサッパリした味わい。食べ終わってすっかり満腹だ。

気付けば入り口付近のテーブルにテレビの取材陣が入って何か撮影していた。焼飯とチャーハンのセットとかインパクト凄いもんね。あなたも話のタネにいかがです?

チャーミングチャーハン