味の中華 綿徳(わたとく)

2019年7月11日

芝商店会の「綿徳(わたとく)は、いかにもな町中華のお店。お昼時には毎日行列ができる人気店だ。

芝商店会 味の中華 綿徳(わたとく)

7月上旬の平日、午後1時過ぎに通りがかったら、店頭で待っている人がいない。たまたま行列が解消された直後だったのだろう。これはラッキー。

綿徳 店頭の食品サンプル

食品サンプルをゆっくり眺めるのも初めてだ。こちらは揚げ焼きそばと広東麺が人気という。特に揚げ焼きそばが前々から気になっていた。

綿徳 店内の様子

中を覗くと「おひとりさま? こちらへどーぞ」と、すぐに入れた。フロアには4人掛けのテーブルが10卓ほど並んでいる。1人・2人客はもちろん相席で、回転良く回していた。

綿徳 壁メニュー

着席してメニューを再度確認。ランチは定食と麺類がリーズナブルな価格で提供されている。「揚ゲやきそば」の「ゲ」が小サイズなのが面白い。餃子やシューマイも食べたかったが、ランチメニューには載ってなかったのでまたの機会にしておこう。

「ご注文、決まった?」
「揚ゲやきそば(850円)、ください」
「はい、焼きそばひとつー!」

ホール担当のお姐さんが厨房へ通すと、3分も掛からずに湯気を立てた皿が運ばれてきた。早いなー。

揚ゲやきそば 850円

ふんわり盛り付けられた揚げ麺に餡がたっぷり掛かっている。餡の具はエビを揚げたのが一つと豚肉スライス、イカゲソ、ざく切りキャベツ、人参、キクラゲ、長ネギ。脇に串切りのレモンが添えてある。

揚げ麺は最後までパリパリ

麺は中細の中華麺を茶色になるまで揚げたもの。風味が香ばしい。餡の水分がほとんど無いため、最後までパリパリだった。

意外とニンニクが効いている

餡の味付けはニンニクが効かせてあってインパクトあり。店の外観だと一般的な町中華や王道の広東風かと思ったが、意外にアレンジを効かせてあるんだな。唐辛子も欠片も見つけた。パンチがあって美味しい

レモンを絞って爽やかに

レモンを絞ったり、酢やカラシを加えたりして完食。キャベツと人参がたっぷり使われていて、揚げ麺なのにヘルシーさを感じる品だった。

もう一つの人気メニュー、広東麺も気になるし、夜に来てシューマイやギョーザで飲むのもありだな。

店舗情報住所: 東京都港区芝2-8-12
営業時間: 11:00~14:00, 17:00~22:00
定休日: 月曜・土曜・日曜・祝日
ホームページ
主なメニュー揚ゲやきそば 850円

ラーメン 550円
広東麺 800円
ギョーザ 470円
特製シューマイ 580円