宝龍 (東京都新宿区)

上海風焼きそば特集、3週目。今週は東京都内で昭和20~30年代に創業した上海料理の店を3軒ご紹介します。


神楽坂にある宝龍は昭和20年代に創業した上海料理の老舗だ。ぐるなびでは「神楽坂がまだ石畳だったころから60年続く親子3代にわたる老舗の名店です」と書かれている。

神楽坂 上海料理 宝龍

ちなみに創業年について、こちらのインタビューでは昭和25年、こちらでは昭和27年、食べログでは昭和28年となっている。正確な創業年がいつだったかは判断しかねるが、まあとりあえずそこは置いとこう。こちらの店は上海焼きそばが創業以来の人気メニューらしい。

1月末、土曜の昼過ぎに訪問。地下鉄東西線・神楽坂駅の神楽坂を出て飯田橋方面へ。目的の店はすぐに見つかった。近年改装したのだろう、60年の歴史の割りには垢抜けた店舗だ。

店内はこじんまりした印象。手前に四人掛けのテーブルが4卓、奥に丸テーブルが1卓。その奥が厨房になっている。ランチタイムの少し後だったが6割ほど埋まっていた。一人客は基本的に相席のようだ。

宝龍 ランチメニュー

テーブルに腰掛けてメニューを確認。庶民に嬉しいお手頃価格でほっとする。ランチの上海焼きそばセット(780円)がお得なのでそれを注文。オプションは炒飯をチョイスした。

先客は他のランチセットや汁麺など思い思いなものを食べている。出ているメニューにあまり偏りはなさそうだ。

上海焼きそば ランチセット 780円

自分の注文した品は7分ほどで配膳された。焼きそば、炒飯、スープに焼売。焼売だけが先に運ばれて一口すでに齧ってしまった。

上海焼きそば 単品だと720円

上海焼きそばの麺はごく一般的な中細の茹で麺だった。具は短冊切りの豚肉にキャベツ、モヤシ、玉葱、人参、木耳、白菜、サヤエンドウ。魚介類は入ってない。

中細麺と醤油風味、野菜たっぷり

味付けは野菜炒め的な旨味が主体の醤油風味。オイスターソースも使っているかも知れない。特徴があるわけではないが食べ飽きない味わいで美味しい。

チャーハン、スープ、焼売が付いて780円!

チャーハンはパラパラではなく、ややベチャっとしたタイプ。これはこれで個人的に好み。焼売も肉たっぷりでなかなかいける。ワカメスープとザーサイも良い箸休めになった。この値段でこの品数なら文句なし!

神楽坂で気取らずにランチを食べるには持ってこいのお店。客足も途切れず、老舗ならではの根強い人気が窺えた。

ちなみに近所には以前紹介した炒飯で有名な龍朋という店がある。龍朋と宝龍。似た響きの屋号で混乱しそうだがお間違えなきように。

宝龍

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3260-8733
住所:東京都新宿区神楽坂6-24
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:日曜・祝日
ホームページ
主なメニュー上海焼きそば 720円
上海焼きそば ランチセット 780円
This entry was posted in 新宿区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください