そばの平甚

和蕎麦の焼きそば特集、2週目です。と言いつつ、今回は和蕎麦じゃない焼きそばですが、和蕎麦屋さんなので大目に見てくんなまし。


郡上八幡が誇る名水・宗祇水(そうぎすい)。地元の方々は日常生活に利用しているそうだが、それだけでうらやましくなるほど美味しい湧き水である。

郡上八幡の名水・宗祇水

その宗祇水の近くに平甚という日本蕎麦屋がある。何故か冬季限定で焼きそばを商っているという。訪れたのは2012年2月の下旬。積雪や凍結を懸念していたが、ちょうど晴れの日が続いたせいか幸いにもバイクで難なく辿り着けた。

郡上八幡 そばの平甚

平日の13時過ぎという半端な時間帯だが店は賑わっていた。テーブル席が10卓ほどあり、奥に広めの小上がり席も2つある。そのほとんどが埋まっていた。一番手前の席に案内されてメニューを確認。

平甚焼きそばメニュー

平甚焼きそば(600円)はご飯や汁もサービスでついてくるらしい。定食である。付けてもらおう。さらにプラス200円でミニざるそばも付けてもらおう。炭水化物トライアングルだが、せっかくなので蕎麦も食べたいではないか。

「焼きそばはだいぶお時間が掛かりますがよろしいですか?」
「ええ、待ちます」
「先にざるそばだけお持ちしましょうか」
「あ、じゃ、お願いします」

ミニざるそば プラス200円

ささっと出てきたミニざるそば。やや太めに切りそろえられ、切り口も鮮やかだ。風味、喉越しとも文句なし。ミニサイズなので2口くらいで食べ終わってしまったのが寂しい。

15分ほど待って焼きそばとサービスのご飯・汁物が運ばれて来た。

平甚焼きそば 600円

焼きそばの麺は中華麺を使っている。細めでやわらかめだ。郡上八幡独特のパリパリ焼きそばとは対照的である。具はキャベツと鶏肉。トッピングに青海苔、煎り玉子、紅生姜。味付けはソースにそばつゆをブレンドしているのだろうか。甘めでつゆだく気味だが後を引く味わいである。

麺は和蕎麦ではなく中華麺

サービスの田舎汁は味噌仕立てのけんちん汁だった。ご飯は軽めによそってあるが、さすがにこれだけ炭水化物を食べると満腹になる。食後の蕎麦茶も美味しかった。

清流と生活が密着している町

平甚焼きそばは12月から3月の冬季のみ販売されるが、それ以外にもなかなか興味深いメニューが多い。蕎麦のチョモランマ盛りなんてのも面白そうだが、寄る年波には勝てないだろうなあ。

そばの平甚