ゆ乃字 (岩手県盛岡市)

盛岡三大麺の一つと言われる盛岡じゃじゃ麺。満州の炸醤麺(ジャージァンミェン)をルーツとする麺料理で、茹でたうどん玉に肉味噌とキュウリ・ネギを載せ、がっつり混ぜていただく。食後に生玉子と茹で汁を注いで鶏蛋湯(チータンタン)にするのも盛岡じゃじゃ麺の大きな特徴だ。(元祖とされる白龍本店だとこんな感じ

ところで盛岡の総鎮守・盛岡八幡宮の門前通りにゆ乃字というお好み焼屋さんがある。このお店では上述のじゃじゃ麺を焼いた「焼じゃじゃ」が食べられるそうな。

盛岡八幡宮 門前 ゆ乃字

訪問したのは昨年2013年の6月下旬、日曜の夜19時ごろ。日が長い季節でこの時間でもまだ明るい。丁度、夏越大祓式の祭礼の日で、門前街は独特の賑わいを見せていた。お店も賑やかな雰囲気の外観だ。

店内もホーロー看板でデコレートされ、レトロな雰囲気を醸している。客席はカウンター6席に小上がり3卓、2階もある。既に酔ってる団体もいる。七輪焼肉も出来、その煙が店内に充満していた。

門前ゆ乃字 メニュー

このお店、飲み物は290円均一。肴も290円または580円という価格設定。カウンターに腰掛けてビール(290円)と焼じゃじゃ(580円)を注文。お通しは麺つゆで味付けされてほうれん草と温泉玉子。

生ビールとお通し

カウンターからだとマスターが鉄板で調理する様子がよく見える。マスターは祭礼の日のためかねじり鉢巻、法被に褌という粋な拵え。そういえば、このお店は祭り用品店が母体だとか。根っからの祭り好きなんだろうなあ。

焼じゃじゃ、調理の様子

ネギと胡瓜を炒めて湯気を立てるうどん玉を投入。さらに紅生姜と肉味噌を加え、油か酢か、液体を掛けて混ぜ炒め。皿に盛りつけてタレと和えた千切りキャベツ、さっきとは違う肉味噌をトッピングして出来上がり。

「よく混ぜて食べて」
「はいっ」

焼じゃじゃ 580円

言われた通り、割り箸でグニュグニュ混ぜて食べ始める。うどんのモチモチ。胡瓜とキャベツの歯応え。紅生姜の酸味。肉味噌の唐辛子の辛さ。甘さ、辛さ、酸っぱさが渾然一体となり、完成度の高い麺料理として成立している。うーむ、うまくまとめたものだ。素直に美味しい。ボリュームもなかなかある。

よーく混ぜていただきましょう

少し贅沢を言えば〆のチータンタンが出来ないのがちょっと物足りないくらいか。お通しで温泉玉子が出たけど、あれを入れれば……いや、まあお値段均一だと難しいよなあ。

ビールのお代わりも含めてお会計は1500円。この日は食べ歩きだったので軽めに済ませたけど、いつかゆっくり飲みに来たい。

ゆ乃字

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:019-653-4498
住所:岩手県盛岡市八幡町1-5
営業時間:18:00~
定休日:無休
主なメニュー焼肉・一品料理 290円均一
お好み焼・お食事 580円均一
飲み物 290円均一
This entry was posted in 盛岡市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください