吉田やきそば店

2015年12月23日

富士市の宮島という地域にある吉田やきそば店も富士宮系では貴重な焼きそばメインの店だ。富士宮の麺は市内よりも隣接する町で評価されていた実情が垣間見えて興味深い。

富士市 吉田やきそば店

昨年末の日曜日のお昼時に訪問。ナビに従って新富士駅から少し離れた住宅地へ。バイクを止める場所にも困るような狭い道を進む。店舗に着いたが暖簾と看板が無かったら普通の住宅にしか見えない。地図がないとたぶん辿りつけないだろう。

店内は横並びのカウンターのみで椅子が8脚ほど置かれている。近所で餅つきがあったらしく、その帰りの常連さんたちでほぼ満席だ。昼から焼酎でご機嫌になっている。カウンターの向こうから女将さんが「いらっしゃい、そちらにどうぞ」と席をちょっと詰めてくれた。

吉田やきそば店 メニュー

メニューは焼きそば、お好み焼きの他、おでんもあり。焼きそばは400円、おでんは一皿350円、一品70円から。その他に簡単な肴もあるらしい。メニューの写真がピンボケなのはご勘弁を。

自分が注文したのはイカと肉の入ったミックス焼きそば(550円)。女将さんが鉄板に具材を広げテキパキ調理してくれる。5分ほどで出来上がり。

ミックス焼きそば550円

麺はマルモだろうか。具はキャベツ・イカ・肉・肉カス。ダシ粉・青海苔に紅生姜のトッピング。正統派チックな富士宮系の焼きそばだ。

正統派チックな富士宮系の焼きそばです

飲み客が多いためか味付けはやや濃い目。歯応えのある麺や肉カスとダシ粉の風味と相まって箸が進む。女将さんに勧められた一味唐辛子はかなり辛いが、味わいが変わってこれもまた良し。バイクで無ければおでんも頼んで一杯飲りたいところだ。

女将さんの話によると、近隣だけでなく遠方からの客も最近増えているらしい。創業時期は不明。定休日や営業時間も聞き忘れた。再訪したら確認してみようっと。


というわけで5週に渡ってお届けしました富士宮やきそば特集、いかがでしたでしょうか? 有名店からほとんど知名度の無い駄菓子屋、さらには富士宮から飛び出して近隣地域の専門店までご紹介させていただきました。

さて、次回からは以前もやりました居酒屋・飲み屋の焼きそばをテーマにお送りします。お楽しみに!

吉田やきそば店