Vinok(ヴィーノック) (東京都渋谷区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2018年、あけましておめでとうございます。当ブログについてのお知らせがありますので、未読の方はお読みください。では今年最初の焼きそば! 行ってみましょうー!


渋谷の東急百貨店本店から神山町・富ヶ谷を経て小田急線の代々木八幡駅へと至るエリアが、最近は「奥渋谷」略して「オクシブ」と呼ばれているとかいないとか。落ち着いたデートスポットとして注目を集めていると言うが、焼きそば好きのおっさんには全く縁がない。

代々木八幡 バル Vinok

しかし、超個性的な焼きそばがこの界隈で提供されていると聞いたら、話は別だ。その店はナチュラルワインを売りにしているバル、Vinok(ヴィーノック)。オープンは2017年4月20日というから、今年……いや、もう昨年の春か。師走某日にワイン好きの友達を誘って、訪ねてみた。

Vinok 店内の様子

店舗は地下鉄代々木公園駅からほど近いビルの2階にある。突き当りが厨房になっていて、客席はテーブルが5卓。奥の左手には2席ほどのカウンターもあり。年末のせいか、団体客もいて満席。店内は随分と賑やかだ。予約しておいてよかった。

ハートランド 750円

友達から「少し遅れる」との連絡があり。2人掛けテーブルに腰掛け、とりあえずハートランド(750円)を注文して待つ。ついでになにか軽いつまみが欲しい。フードメニューをざっと眺める。軽いおつまみは下の方に固まっていた。

Vinok フードメニュー

「一番下のを注文しようと思うですが、量はどのくらいですか?」
「このくらいのサイズで、お連れ様を待つのにちょうど良いかと思います」

受け応えが素晴らしい。この日は満席のためホール担当の女性はとても忙しそうだったが、接客を精一杯頑張ってらっしゃった。

ゴルゴンゾーラと蜂蜜ナッツ 500円

注文したゴルゴンゾーラと蜂蜜ナッツ(500円)が運ばれてきたのは、ちょうど友達が到着したタイミングだった。ねっとりした甘さのナッツが癖のある味わいのチーズと相まって、ハートランドにも、友達が頼んだ白ワイン(700円)にも合う。これはこれで良いおつまみ。

わさび菜とケールのサラダ プロシュート乗せ 1200円

前菜は、わさび菜とケールのサラダ、プロシュート乗せ(1200円)。トッピングされたクルミと粉チーズをしっかり和えて頬張る。瑞々しい葉野菜の清涼感とプロシュートの塩っ気、旨味。素直に美味しいサラダだ。ビール・白ワインを一杯ずつ空けたところで、赤ワインのボトルを注文。産地・品種・銘柄は忘れた。ワインに力を入れているお店なんだけど、ごめんなさいね。

フロマージュ・ド・テッド(豚タンと豚足の煮こごり) 800円

前菜をもう一品、フロマージュ・ド・テッド(800円)。「豚タンと豚足の煮こごり」という説明書きが添えてあり、テリーヌ型を用いて四角く整形されている料理だ。本体に味があまりついていないので、上に掛けられたオニオン主体のソースと一緒に頬張る。コリコリ&プルプルした食感が楽しい。

豚肩ロースとリンゴのロースト 1800円

メインディッシュは豚肩ロースとリンゴのロースト(1800円)。「ロースと」「ロースト」は洒落なのか。柔らかい豚肉とワインビネガーを使った酸味のあるソースを、焼きリンゴの濃厚な甘さが受け止める。粒マスタードのプチプチした食感とスパイシーな味わいも、とても良い。ワインが進む。

サカナソバ 1200円

〆はサカナソバ(1200円)。この焼きそばが目的でやってきたのだが、噂通り、強烈なインパクトのヴィジュアルだ。料理名の通り、焼きそばに魚が丸ごと乗っている。「なんじゃこりゃ!?」感に満ちていて、シンプルに面白い。この日はマイワシだったが、時期によっては違う魚を使うこともあるとのこと。

なんともインパクトのある盛り付け

麺は生麺を茹で上げたモチモチの角太麺。かなりコシが強い。もともと自家製麺を使っていたが、今は製麺所に委託しているそうだ。豚肉、モヤシ、トマトと一緒に炒めてあり、アーモンドスライス、パクチー、イワシがトッピングされ、串切りのレモンが添えられている。味付けはスパイシーな自家製ソースで、盛り付けも含めてエスニック風味に仕上げてある。

イワシのコンフィ、柔らかいです

マイワシは、肉や魚を油でじっくり煮こんだ「コンフィ」と呼ばれる料理法で調理されていた。イワシなので、むしろオイルサーディンと言った方が、通りが良いか。表面は軽くソテーしてあるのかな。とても柔らかく、頭や骨も違和感なく食べられる。単体だと青魚特有の主張の強い味わいだが、麺と一緒に頬張ると、スパイスやパクチーがそれを上手に緩和してくれる。イワシとトマトってのも鉄板の組み合わせだ。豚肉に魚介系の旨味がプラスされ、食感のコントラストも楽しい。

イワシと麺を一緒に頬張るのが美味い

視覚だけでなく、きちんと味覚も満たしてくれる一皿だった。ボリュームもそれなりにあるので、これをメインにコースを組み立てるのも良さそうだ。ボトルを空けてからさらに少し飲んで、お会計は一人当たり約7000円だった。帰り際、オーナーシェフの奥村氏に軽くご挨拶させていただいた。

「実は私、焼きそばを食べあるいてて……」
「へー、そうなんですか! 実は1週間くらい前から、ほかに焼きそば専門店も始めたんですよ」
「え? えええっ!?」

なんとなんと、新たな焼きそば専門店ですとっ!? 後日、そちらを早速訪れてみた。次回に続くーっ!!

Vinok

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-6873-9754
住所: 東京都渋谷区富ヶ谷1-9-20 リンデン代々木公園2F
営業時間: 18:00~23:30
定休日: 火曜
ホームページ
主なメニューサカナソバ 1200円
ソース焼きそば 1050円

ゴルゴンゾーラと蜂蜜ナッツ 500円
わさび菜とケールのサラダ プロシュート乗せ 1200円
フロマージュ・ド・テッド 800円
豚肩ロースとリンゴのロースト 1800円
This entry was posted in 渋谷区 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*