喜楽 (東京都渋谷区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

道玄坂の百軒店にある老舗中華屋・喜楽。創業は昭和27年(1952年)で初代店主は台湾出身だとか。もやし麺が人気で、漫画『孤独のグルメ』でも井之頭五郎が行列をみて諦めた店として登場した。

渋谷 百軒店 中華 喜楽

そのエピソードでは「大芽園」(作品中では「太河苑」)の焼きそばが取り上げられていたが、実は喜楽の焼きそば=炒麺も密かにオススメしたい逸品なのだ。ちなみに「大芽園」はすでに廃業して久しい。一度食べてみたかった。

いかがわしいお店がたくさんある百軒店

喜楽を訪問したのは昨年12月上旬、午後2時近くのこと。ピークタイムを外したのに10人ほどの行列ができていた。来るのはこれで2度目なのだが、周りの風俗街の雰囲気がどうも落ち着かない。

渋谷 喜楽 麺類メニュー

10分弱待って入店。1階のカウンターに着席。メニューは麺類が中心だ。周りはやっぱりもやしそばを食べている客が多い。遅い昼食でお腹がかなり空いていたので炒麺(850円)と焼餃子(500円)を注文した。

必要十分なカウンターの調味料類

カウンターの向こう側では注文された品々が次々できあがっていく。麺の茹で上げ、スープの準備、中華鍋での炒めものに餃子の焼きと、分業でテキパキこなす様はみていて爽快だ。

焼きそばと餃子でテンションアップ!

先客の注文分に続いて10分少々で配膳された。炒麺に焼餃子、そして付け合せのスープ。旨そうだ。このビジュアルで否応なくテンションがあがる。

炒麺 850円

麺は中太の茹で麺。もちもち、しこしこした歯応え。具はモヤシ、人参、ニラ、とわずかな豚肉。「野菜炒めに麺が入ってる」という説明がしっくりなじむスタイルの中華焼きそばだ。

もちもち・しこしこの麺が美味

味付けは塩ベースだが、旨味で食べさせる印象を受けた。しっとりした仕上がりで、この店の名物・焦がしネギの風味もよい。シンプルで食べ飽きない、老舗中華ならではの落ち着いた味わいの焼きそばだ。

焼餃子 500円

焼餃子はわりと大粒だ。焼き加減は程よい狐色。餡は野菜が主体。皮は厚からず薄からず。リズミカルな襞が食感にアクセントを加えている。両端の綴じが緩めなのが、いかにも本場っぽい。食べごたえも十分で美味しかった。

お会計は1350円。食べ終わる頃になってもお客さんがひっきりなし。渋谷という若者の街でも、色あせることのない老舗の味か。いつか人気のもやしそばを食べてみたいなあ。

喜楽

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3461-2032
住所:東京都渋谷区道玄坂2-17-6
営業時間:11:30~20:30
定休日:水曜
主なメニュー炒麺 850円
焼餃子 500円

中華麺(ラーメン) 700円
もやし麺 800円
もやしワンタン麺 950円
This entry was posted in 渋谷区 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*