Pearl Liang (イギリス - ロンドン)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ロブスター焼きそばについて調べたところ、ロンドンには代表的な店が2軒あるらしい。1つは前回紹介したMandarin Kitchen。そしてもう1つは今回紹介するPearl Liangという店だ。この記事を書いたコラムニストは、両店を食べ比べた上でPearl Liangの方が好みだと伝えている。うーむ、ならば自分も食べ比べねばなるまい。

しかし、さすがにまた1人であれを食べるのは財布的にもツラい。できれば2人以上で……と思っていたところ、私と同じようにBABYMETALのライブに参加する知り合いから「ロンドンに到着した」との知らせがあった。これ幸いと夕食にお誘いしたら快く応じてくださった。

リージェンツ運河

訪れたのはBABYMETALのライブ前夜、4月1日。Pearl Liangは鉄道と地下鉄のターミナル、Paddington駅の近くにある。『くまのパディントン』で有名な駅だ。自分がデジカメのSDカードを取りに宿に戻ったりして、落ち合ったのは19時半くらいになってしまった。リージェンツ運河沿いを歩いて、お店に向かう。

Pearl Liang, Paddington, London

道路の下を潜って左へ折れると円形の窪地になってる広場が。目的の店舗はその広場に面していた。デザイン化されていて分かり難いが、漢字の屋号は「漂亮」。「器量よし」という意味らしい。焼きそばを食べて器量がよくなることを願いつつ入店。

Pearl Liang 店内の様子

店内はシックな造りで高級感のある内装だ。店員に人数と予約がないことを告げ、しばし待つ。しばらくしてテーブルへと案内された。

Pearl Liang ロブスターメニュー

さてメニュー。この店もロブスター(龍蝦/Lobster)は時価(Seasonal Price)で、一般の焼きそば類とは別のページになっている。今回は2人ということでロブスター1尾にヌードル2人前を注文。味付けは今回も薑葱(生姜とネギ)で。ほかに3・4品を適当に見繕ってみた。なお同席者には時価であることを事前にちゃんと伝えてある。それ伝えなかったら鬼だよね……

Asahi Beer £4.20

とりあえずドリンク。同行者は酒が飲めないとのことで、スパークリングウォーターをボトル(£4.00)で。自分はアサヒビール(£4.20)をいただいた。明日のBABYMETALのライブ成功を祈って乾杯!

House Soup of Day £5.00

まずは日替わりスープ(時日明火例湯/House Soup of Day)。1人前£5.00≒800円。小さな器の底にはローストポーク(チャーシュー)と蓮根が沈んでいた。漢方薬のような風味だが正直味が薄い。自分があまり美味しく無さそうにしてたら、同席者は「他の料理の味の邪魔をしないスープ」との評価。なるほど、ものは言いようだな。見習わねば。

Pak Choy Galic £9.60

続いて青菜炒め。メニューには「白菜/Pak Choy Galic」と書かれたのだが、こう来たか。価格は£9.60。ガーリックと生姜でさっぱりした味付けだ。美味しいけどこれが白菜という漢字なのは、中国語だからかイギリスだからか、どっちだろう?

そしてお待ちかね、メインディッシュのロブスター焼きそば。前回写真を撮る前に混ぜられてしまったので、今回は配膳と同時に「写真を撮るから」「自分たちでサーブするから」と伝えて事なきを得た。

Lobster w/ Noodles Seasonal Price

麺は前回のMandarin Kitchenと同じく極細の香港風蒸し麺。ただしこっちの方が麺にコシがあって自分の好みだ。ソースについても、前回より汁ッ気は少ないが、味付けはこっちの方が好み。こうして食べ比べると、前回の店は生姜を利かせ過ぎていた気がする。まあ、麺もソースも好みは人それぞれなので、意見が分かれそうだ。

ロブスター焼きそば、やっぱり最高!

ロブスター自体の身肉の味わいは甲乙付けがたい。どっちもメチャうま。今回は二人で取り分けたが、麺の量がちゃんとあるのでそれなりにお腹に溜まる。味も濃厚なので充分に満足できた。あとこの店のカニナイフにはカニではなくロブスターが描かれているのがちょっと面白い。ロンドン名物・ロブスター焼きそば、やっぱり美味いなー。

Scallop Dumpling £5.00

さらにホタテ餃子(帯子餃/Scallop Dumpling)も。3個入りで価格は£5.00≒800円。皮は薄く、中が透けて見える。プリッとしたホタテの食感と旨味が楽しい。何もつけなくても十分美味しい。この店、本来は点心(Dim Sum)が名物なので、餃子や春巻き系は外れが無さそう。

二人とも明朝は早いのでビールのお代わりもせずに以上でお会計。時価のロブスターは麺2人前も込みで£38.00≒6080円。麺=£3とすると前回のMandarin Kitchenと全く同じ値段だった。このくらいの値段が一応の相場なんだろうな。

30ポンド前後を見込んでおくといいです

合計金額はサービス料金12.5%を含めて約£80。一人あたり£40≒6400円。安くはないが想定内。それにしてもロンドンまで来た人に焼きそばを食べさせて、よかったのだろうか。美味しいと食べてくれたけど、ほんと変な食事に付き合わせてすみません。

余談になるが、翌日のBABYMETALのWembley Arenaでの公演は2人とも早朝から並んだおかげで良ポジションを確保できた。スタンディング席で屈強な外国人に囲まれながらも、最後まで心底楽しめた。BABYMETAL最高! ロブスター焼きそばも最高!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報住所: 8 Sheldon Square, Paddington Central, London W2 6EZ, United Kingdom
電話:+44 20 7289 7000
営業時間: 12:00~23:00
定休日: 無休
ホームページ
主なメニューLobster Seasonal Price (Around £30.00)

House Soup of Day £5.00
Pak Choy Galic £9.60
Scallop Dumpling £5.00
Asahi Beer £4.20
This entry was posted in イギリス and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*