モンティ (東京都台東区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

タイの焼きそば特集、3週目。今週はお米以外を原料とした麺を使った焼きそばをご紹介します。


先週・先々週にご紹介した通り、タイの焼きそばというとパッタイを筆頭にお米が原料の麺を使うのが一般的だ。福建語で「粿條(クエティオウ/Guǒ tiáo)」、タイ語で「クイッティオ(ก๋วยเตี๋ยว)」と呼ばれるライスヌードルだが、しかし麺はそれだけではない。米以外の原料の麺もタイでは使われているのだ。例えば小麦が原料のインスタント麺とか。

浅草地下街 タイ料理 モンティ

そんなタイの焼きそばを探し求めてやってきたのは浅草地下街。焼きそば好きには浅草焼きそば・福ちゃんで知られるスポットだ。その福ちゃんの並びにモンティというタイ料理店がある。現地の屋台風な飾りつけで、この地下街の雰囲気も相まって日本離れした店構えなのだが、それにもかかわらず平日のランチタイムは行列ができている。しかもほぼ全員女性という人気店なのだ。

現地の屋台風と言うか現地の屋台じゃないか、ここ

訪問したのは2月後半、平日のお昼時。外に出ている席を含めてテーブル6卓ほどの店舗だが、既に5~6人が並んでいた。外で30分くらい時間を潰したが状況は変わらず。仕方なく自分も並ぶ。13時ごろから並び始め、20分ほどでようやく外のテーブルに着席できた。壁にはタイ語のチラシや駄菓子がずらり。現地の気分にどっぷり浸れる。

モンティ 平日ランチメニュー

さて、この日は目的の品があったのだが、それが平日ランチメニューには見当たらない。ちょっぴり不安を抱きつつ、注文を取りに来た店員さんに確認してみた。

「パッママーはできますか?」
「できます」
「ほっ。じゃ、それをください」

モンティ グランドメニューの一部

「パッママー(ผัดมาม่า/Pad Mama)」はタイのインスタント麺「ママー(มาม่า/Mama)」を使った焼きそばだ。後で渡してもらったグランドメニューにはちゃんと載っていて、「インスタントラーメンの海鮮ヤキソバ」と日本語で表記されていた。本来、「ママー(มาม่า/Mama)」はタイのインスタント麺のブランドのひとつなのだが、インスタント麺全般の代名詞でもあるらしい。ちょうどメキシコの「Maruchan」や、ネパールの「Waiwai」みたいなものか。

「辛くないけどいいですか?」
「はい、それとシンハービールも」
「グラスは要りますか?」
「要らないです」

シンハービール 600円

「辛いけど大丈夫ですか?」と訊かれることは良くあるが、その逆を確認されたのは初めてだ。注文が通ってすぐにシンハービール(600円)が出された。ランチタイムでサービスされるサラダをつまみにチビチビ飲む。平日に昼から飲むビールは格別だ。ま、観光地だし、福ちゃんでは当たり前の光景だから許して貰えるだろう。

パッママー(インスタントラーメンの海鮮焼きそば) 820円

続いて焼きそば=パッママーとスープも運ばれてきた。縮れたインスタント麺=「ママー」が、エビやイカ、玉子、キャベツ、小松菜、ニンニクチップなどと炒めてある。エビもイカも表面に焦げを付けつつ柔らかいという絶妙な火加減だ。味付けは醤油とレッドカレーペーストだろうか。クターっというかネトーっというか、粘り気のあるウェットな仕上がり。ボリューム自体は軽めだ。

タイのインスタント麺=ママーを使用しています

食べてみると思った以上にスパイシーで驚いた。「辛くない」と言っていたので「ママーパッキーマオ」と間違われたかと思ったが、メニューと見比べるとこれで合っているらしい。辛さはインスタント麺の絡み具合のせいだろうか。玉子も焼きそば全体の風味を増して良い仕事をしている。パッタイが麺のモチモチ感を楽しむのに対して、パッママーは調味料の絡み方を楽しむもの、という印象を受けた。

イカも丁寧な仕事が為されています

付け合せのスープはニラとセロリ。タイ料理店でおなじみの、さっぱりした味わいだ。ビールを飲み干したのでお冷を一杯。金属製のマグカップにカラフルな細いストローという組み合わせも現地っぽくて良い。食べ終えてお会計。シンハーとパッママーで1420円。

食後のお冷がさらに美味しい

「パッママーでこの辛さだと、パッキーマオはかなり辛いんでしょうね」
「はい、もっっっと辛いです!」
「ほー、それ食べにまた来ます!」

それにしても屋台風の造りから受ける大味な印象とは真逆のホスピタリティに感心してしまった。複数で来ている客には、店の側で割り勘を計算していくらずつと伝えていた。また、混んでいても相席しないように案内していた。料理の味はもちろんだけど、こういう細かな配慮が女性客に受けている一因なんだろうなー。辛い物好きを誘って再訪せねば!

モンティー

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-3841-8668
住所: 東京都台東区浅草1-1-12
営業時間: 12:00~14:3 18:00~23:00
定休日: 火曜
主なメニューパッママー(インスタントラーメンの海鮮焼きそば) 820円
This entry was posted in 台東区 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*