インドヤ レストラン (千葉県市川市)

今週は日本では超マイナーなインド中華の焼きそばをご紹介します。「インドの焼きそばといえばチャウメンくらいしかないのでは?」という声が聞こえてきそうですね。自分もそう思っていたのですが、調べてみるとこれがいろいろありまして。

まずは四川風焼きそば。えっ、インドなのに四川っ!?


今回紹介するのは市川市行徳にあるインド料理店、インドヤレストラン。ここもインド中華のメニューが多く、一般的なインド料理店では見かけない料理がいろいろと食べられる。

市川市行徳 インド料理店 インドヤレストラン

2月下旬、平日の夜に訪問。地上を走る地下鉄、東西線の行徳駅から徒歩数分の裏通りに店舗はある。周りはほぼ住宅街。それっぽい看板を出していた手前のタイ料理屋に間違えて入りそうになった。あぶないあぶない。

インドヤレストラン 店内の様子

入った右手が厨房で、手前のホールにテーブルが3卓、奥まったホールに6卓。縦に長い店で意外に広い。時間がまだ早かったので先客は一人だけ。にこやかな店員さんに奥へと促されて着席した。

インドヤ インド中華メニュー

さて、注文についてだが、あらかじめ予習を済ませてある。メニューを確認しながらオーダーする。

「マンチョウスープのハーフサイズ(299円)を」
「野菜? チキン?」
「野菜で。あとシェズワン焼きそば(799円)、それも野菜で」
「辛いけど大丈夫?」
「はい、大丈夫。あと飲み物も、ジャルジーラソーダ割り(299円)を」
「飲んだことはあります?」
「初めてですが変わった味ってのは知ってます」
「オッケー、試してみるってことね(ニヤッ)」

ジャルジーラ 299円

まず運ばれて来たのがソフトドリンクのジャルジーラ(Jaljira/Jal-jeera)。グラスには氷と緑色がかった液体が入っている。トッピングにカットレモンとミントの葉、そしてスパイス。青い未熟なマンゴーが主原料でインドではポピュラーな飲み物らしい。恐る恐る飲んでみると酸っぱい。スパイスより酸っぱさの方が強く、そして少し塩っぱい。とっつきにくい味だが、トマトジュースに塩やタバスコを入れて飲むのが好きならたぶんいけるはず。自分は結構気に入った。

続いてマンチョウスープ(Manchow soup)。インド風の中華スープで「Manchow」は「満州」の意。インド中華にはマンチュリアン(Manchurian)という炒め物もあるが、どちらも特に満州料理・東北料理というわけではなく、「中華風」くらいのニュアンスで使われているようだ。

マンチョウスープ ハーフ 299円

スープにはちょっととろみがついていて、刻んだ野菜や青ネギが浮いている。トッピングに揚げ麺がパラリ。味付けのベースは醤油(ソヤソース)で、スープの中には刻んだジンジャーやガーリック、セロリなどが入っていた。色々とスパイスが効いていて辛旨い。揚げ麺も良いアクセントになっている。一人だとハーフでちょうど良い量だ。

そしてメインディッシュのシェズワン焼きそば(シェズワンヌードル/Schezwan Noodles)。シェズワン(Schezwan)は四川の英語読みに由来する。この店オリジナルというわけではなく、インドではかなりポピュラーな焼きそばらしい。実際に検索すると何人ものインド人がレシピを紹介している。

シェズワン焼きそば 799円

麺は中細麺。思ったよりボリュームは軽め。具はキャベツ・ピーマン・玉葱。トッピングに青ネギ。四川風なので食べてみるとやっぱり辛い。しかし花椒(Sichuan Pepper)ではなく唐辛子(Red Chilli)が辛さの主体だった。見た目から激辛を覚悟していたけど、中本の蒙古タンメン程度のレベルかな。辛い物好きには手頃な味わいだ。

「お味はいかがです? 辛さ大丈夫ですか?」
「美味しいです。山椒じゃなくて唐辛子の辛さなんですね」
「はい、うちは唐辛子の種を抜いて蒸してペースト状にして、ガーリックを炒めて加えて寝かせて、ジンジャーやセロリを加える。あとトマトも入れるんです」
「へー」

インドなのに四川風、辛くて美味い

味の主体となるシェズワンソース(Schezwan Sauce)の作り方を、店主が懇切丁寧に教えてくれた。言われてみれば確かにトマトの味も強い。赤い色もトマトだからか。四川ぽくもあり、ちょっとイタリアのアラビアータ風でもあり。美味しい上に興味深い焼きそばだ。

「いまは仕方なくそういう麺使ってますけど、本当は(中国の)東北地方で食べるような、太くてモチモチした縮れ麺が合うと思うんですよね」
「なるほど、合いそうですね。でもそんなに数が出ないメニューでしょう?」
「まーねー(笑)」

本人はネパール人だけど、シェフは二人ともインド人とのこと。このシェズワン焼きそばもインド風らしい。話し込んだついでにデザートも食べることにした。

ガザルカハルワ 399円

注文したのはガザルカハルワ(Gajar Ka Halwa/399円)。擦り下ろした人参をミルクで甘く煮込んだもの。アイスやシャーベット的なものを想像していたが意外にも温かい。トッピングにココナッツが使われていて食べていると南国気分に。ブドウ(ドライフルーツ)やナッツも入っていて食感が楽しい。ちなみに名前は人参(Gajar)と調理法(Halwa)から来ているとのこと。

会計は2024円。いやー、期待以上に美味しかった。四川風と言っても花椒じゃなくて唐辛子の辛さなのが面白いな。店長いわく、現地の味を求める研究熱心な日本人が増えてて、提供する側も楽しいと感じているそうだ。こういうお店、繁盛して欲しいなあ。

インドヤレストラン

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:047-712-5256
住所:千葉県市川市行徳駅前1-27-5 上野ビル1F
営業時間:11:00~14:30 17:30~22:30
定休日:水曜
主なメニューシェズワン焼きそば 799円
野菜焼きそば 799円
チキン焼きそば 899円
チキンシェズワン焼きそば 999円

マンチョウスープ
フル 399円 ハーフ 299円
ジャルジーラ 299円
ガザルカハルワ 399円
This entry was posted in 市川市 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください