鈴木焼きそば店 (青森県青森市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

前回触れた2軒の青森市街の老舗やきそば専門店。残るもう一つが堤川の西側に店を構える鈴木焼きそば店だ。後藤焼きそば店とは直線距離で300m程しか離れていない。焼きそば特異点とでも呼ぶべき集中ぶりか。

青森市街 鈴木焼きそば店

一昨年の7月、後藤焼きそば店を出たその足で訪れた。入るなり華のある感じの女性店主に「あ、お持ち帰りの○○さんですか?」と尋ねらた。苦笑して違う旨を告げると「あらあら、ごめんなさい」と照れ笑いして調理に戻った。

客席はカウンターが5席と二人がけのテーブル2卓。先客は持ち帰りが一名。一旦テーブルに腰掛けたが、すぐ二人連れのOLが入ってきたのでカウンターに移動した。

鈴木焼きそば店 メニュー

さて注文だが、壁のメニューにはやきそば中盛300円、大盛350円、特大400円と書かれている。またしても50円刻みか。量が多すぎたら困るなあとか考えつつ中盛300円を注文。

この店もお冷やはセルフサービス。値段が300円台の店はセルフが多い。卓上にはソースや醤油、そしてひときわ目立つ大きな容器の一味唐辛子。これを掛けるのが定番なのだろうか?

調理は巨大な中華鍋を使っていた。店主が箸とコテを両手に持って、豪快に炒めている。麺の箱を見ると後藤と同じ原田製麺所だった。この店もやはり持ち帰りが多く、お手伝いの女性と店主が昼前の注文ラッシュを次々と捌いていた。

やがて真っ白いお皿に盛られて焼きそば登場。ほっ。多すぎるってほどの量ではない。この店の中盛は値段的に後藤の小と同程度の盛りなのかも知れないな。

やきそば 中盛 300円

麺は後藤に比べてコシが強く感じた。味付けは濃くもなく薄くもなく、程よい加減。具は豚肉にキャベツ、それと人参の千切りが少々。試しに一味を掛けてみると後を引く味になった。ただ、喉が渇いてしまう。

食べ終わってお冷やを飲み干したところで、店主が「お冷や、どうぞお代わりしてくださいね」と声を掛けてくれた。ありがたく2杯目をいただく。「ご旅行ですか?」と余所者であることはやはり見抜かれているようだ。「はい、焼きそばが目的で来ました」と告げると喜んでくれた。

なんでも、市内の焼きそば屋のほとんどが、同じ製麺所の麺を使っているそうだ。「うちの麺の方が柔らかいはずなんだけど、炒める時間があちらの方が長いのかも」とのこと。「青森の人は濃い目の味付けが好きだから濃くして出しているけど、本当は薄味の方が美味しさが味わえるのよね」と、調理の合間に語ってくれた。訊けばお店は50年を経、現店主は3代目だそうだ。

お勘定を済ませると、「焼きそば楽しんでってね」と送り出していただいた。多忙な中で丁寧に接客していただいて感謝感謝である。300円で少し申し訳ない。

鈴木焼きそば

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:017-777-8166
住所:青森県青森市青柳2-8-9
営業時間:10:30~18:30(土日は17時まで)
定休日:月曜日、第3日曜日
主なメニューやきそば
中盛 300円 大盛 350円 特大400円
This entry was posted in 青森市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">