浪花家総本店 (東京都港区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

昔ながらのソース焼きそばを語る上で外せないのが甘味処です。これまでにも何軒か紹介しましたが、小麦粉繋がりで焼きそばをメニューに加え始めたのでしょう。それが名物になってるお店は都内にも結構な件数ありまして、数ヶ月掛かりで食べ歩きました。焼きそば目的で甘味処を訪ね歩くというのも何か妙な気がしますが、まぁそこは目をつぶって、しばらくお付き合いくださいませ。


山の手の中の下町とも言うべき麻布十番商店街。そこで店を構える老舗のたい焼き屋・浪花家総本店は、たい焼き御三家の一つとして数えられるほどの超有名店だ。創業は明治42年(1909年)で100年以上の歴史を誇り、1975年に大ヒットした『およげ! たいやきくん』のモデルになった店とも謂われる。あまりに人気で、日によっては1時間くらいの順番待ちもあるらしい。また、その場で食べたい人向けに1階奥に飲食スペースがあり、2階には喫茶コーナーも用意されている。

麻布十番 浪花屋総本店

そして実は、この喫茶コーナーで供されている焼きそばが、密かな人気メニューなのだ。店内に貼られていたdantyu(2009年10月号)の記事によると『たい焼きと並んで昭和初期からメニューにその名を連ねている』とのこと。また、同誌編集による『ソース焼きそばの本』というムックでも料理評論家の岸朝子がこの店の焼きそばを取り上げていた。これは一度食べておかねばなるまい。

訪れたのは何故か2011年の大晦日。昼前という時間帯だが、さすがに電車も道路も空いている。都営大江戸線の麻布十番駅から地上に出て交差点を渡ると、すぐに店は見つかった。行列を覚悟していたが店頭に並んでる様子は無い。(※ちなみに上掲の外観写真は今年6月再訪時のものなので紫陽花が咲いてます)

「流石に大晦日だから空いてるのかな?」

そんなことを思いながら店内へ。

「いらっしゃいませ」
「2Fはやってますか?」
「はい、どうぞ」

階段で2Fへ上がって右手の引き戸を開けると、いかにも甘味処といった風情の小奇麗な空間があった。客席はテーブルが6卓ほどで、先客は2人組の男性が一組だけ。適当なテーブルに腰掛けると、若い女性の店員さんがお冷やとお品書きを持ってきた。

浪花屋総本店 食事メニュー

たい焼き・焼きそば以外には、雑煮・うどん・丼物といった軽食や汁粉・ゆであずきなどの甘味が並んでいる。とりあえず目的の焼そば(500円)と、せっかくなのでたいやきセット(600円)を注文。

「セットのお茶はどれになさいますか?」
「んー、煎茶で」
「ホットでよろしいですか?」
「はい」
「焼きそばとご一緒にお持ちしますか?」
「いえ、焼きそばを先にお願いします」

有線放送だろうとは思うが、店内には『涼宮ハルヒの憂鬱』の主題歌や初音ミクの曲が流れていた。うーん、個人的に嫌いじゃないけど、創業100年の老舗の雰囲気にはそぐわないなぁ。

焼きそばの調理は中華鍋を使ってるのだろうか、厨房からそれらしい音が聞こえる。美味しそうな香りも漂ってきた。

「お待たせしました、ソースはお好みでお掛けください」

配膳されたと同時に酸味の効いた香りがムワっと鼻腔を刺激した。

焼そば 500円

麺は柔らかめの細麺。具はキャベツと揚げ玉のみ。青海苔がトッピングされ紅ショウガが脇に添えられている、まさに昔ながらの焼きそばである。ソースは酸味が強めだが味付けは濃くは無い。むしろラードや揚げ玉の旨味とコクが前面に出てる。シンプルながらも素朴で飽きない味わいである。

たいやきセット 600円

そして食後のデザートのたい焼き。ほとんどの人はこっちが目的だろう。ご存知の方も多かろうが、同時に複数枚を焼いたたい焼きを「養殖物」、一枚ずつ焼いたものを「天然物」と呼ぶそうな(参考サイト)。この店は勿論後者で、いまどき貴重な天然物。パリパリの薄皮に、ちょいと塩を利かせた餡がギッシリと詰まっている。小ぶりなのでペロリと食べてしまったが、後を引く美味しさだ。煎茶との相性も申し分ない。そうだ、これから人と会うから手土産に持っていこう。

「すいません、持ち帰りの注文もこちらで出来ます?」
「はい、できますけど……」
「ん?」
「焼き上がりまで2時間ほどお待ちいただきます」
「ひゃあ、じゃ結構です!」

勘定を済ませて1Fへ下りると「12時に予約した○○です」なんてお客さんがたい焼きを受け取っていた。なるほど、予約してるから行列が無かったわけか。噂以上の人気ぶり、御見それしました!

浪花家総本店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3583-4975
住所:東京都港区麻布十番1-8-14
営業時間:10:00~20:00(但し店内飲食は11:00~19:00)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日) 第三水曜日
ホームページ
主なメニューたい焼き 150円

焼そば 500円
たいやきセット 600円
This entry was posted in 港区 and tagged , , . Bookmark the permalink.

『浪花家総本店』に2件のコメントがあります。

  1. みっく says:

    数週間前こちらの記事の紹介で尋ねてみました。ほどよい酸味があり昔ながらの味で、とても美味くいただきました。量が少なくて物足りなかったですが、満足でした。
    そういえばこちらのお店の近くに「よっちゃん」という京都のお好み焼き店があり、たまにランチに利用しています。お好み焼き、特に九条ねぎ焼が美味しいのですが、焼きそばも美味しいです。お近くにお立ち寄りの際はお試ししてみてください。
    引き続き貴殿の美味しそうなご紹介記事、楽しみにしております。

  2. SaltyDog says:

    みっくさん、ありがとうございます。
    「よっちゃん」機会がありましたら訪問させていただきます。
    今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">