有楽町 (北海道帯広市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

西帯広に有楽町というジンギスカンの人気店がある。前回東京ホルモンで今回が有楽町、旭川には両國もあったっけ。やけに東京をイメージさせる店名が多いな、北海道……っと話が逸れた。この店ではホルモンで焼うどんを作るのが定番になっているとか。

西帯広 ジンギスカン 有楽町

頃は6月中旬。最初は日曜の夜に伺ったのだが大混雑で順番待ち多数。予約も立て込んでいたため入店まで1時間以上待たされた。その上、目的のうどん玉が売り切れとのこと。悶々としながら注文を平らげて帰ったが、どうにも気が収まらない。すぐ裏手のライダーハウスに連泊していたので、翌日の午後2時過ぎにリベンジしてみた。

「昨日はお待たせしちゃってすみませんでした」

店員のおばちゃんたちに顔を覚えられていた。前日にちょっと悪い印象を受けたバイトの兄ちゃんたちは居ない。さすがに平日のこの時間帯は空いている。客席はテーブル3卓、小上がり9卓。2階もある。自分以外に客は一組だけ。心なしか昨夜より広く感じる。

有楽町 メニュー

メニューをざっと眺め、昨日と同じくジンギスカン(346円)とホルモン(294円)を一人前ずつ、それとうどん(157円)に小ライス(136円)、瓶ビール(472円)を注文した。他店に比べると頗る安い。

なんだかすごいことになっちゃったぞ

ホルモンとジンギスカンは別々の鍋を使用して焼く。まずはホルモン。付け合せの玉葱と一緒に独特の平たい鍋にざっと広げられた。そこにうどん玉も投入され、焦げ付かないよう差し水される。スタイルとしては焼うどんと煮込みうどんの間のような調理法か。

ホルモン(294円)とうどん(157円)

よーく火が通ったところで早速いただく。プリプリコリコリの小腸がうまい。平打ちで腰が強めのうどんも、ホルモンの旨味を吸ってモチモチの美味しさ。白飯にもビールにもよく合う。

ホルモンの旨味を吸ってモチモチ

そして同時並行でジンギスカンもせっせと焼き上げる。シンプルな醤油ベースのタレに漬けられただけのマトンは、独特の臭みがあるが好きな人にはそれがたまらない。肉質は柔らかくホイホイと平らげてしまった。

ジンギスカン 346円

お代りしたいところだが、他の食べ歩きの予定もあり追加注文は自重した。お会計は1400円也。うーん、安い。

タイミングによっては前夜のような大混雑になるらしいので、行く際は予約を入れるのが無難だろう。予約をしていても混雑具合によっては待たされることもあるが、この安さでこのクオリティ、人気過剰も仕方あるまい。

有楽町

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0155-37-2805
住所:北海道帯広市西二十三条南1-39
営業時間:11:00~21:00
定休日:火曜
主なメニュージンギスカン 346円 ホルモン 294円
うどん 157円
ライス 小 136円 大 189円
瓶ビール 472円
生ビール 中 525円 大 840円
This entry was posted in 帯広市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">