食堂よしおか (北海道稚内市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

稚内の飲食街にある食堂よしおかもチャーメンが名物の店だ。食堂と言いつつ飲み屋として使われることが多いらしい。

稚内市 食堂よしおか

訪れたのは6月中旬、平日の午後7時。稚内駅の北西、150mほどの場所に目的の店を見つけた。店は奥に長く、カウンター8席に小上がり5卓ほどの客席がある。厨房の様子は見せないが、左手のカウンターの向こうでは女将さんがまめまめしく動いていた。

カウンターの上にはおでん鍋

カウンターの一番奥が空いていたので腰掛けたが、おでん鍋の真正面で暑い。空いたタイミングで女将さんから「そこは暑いでしょ」と促されて席を移動した。

食堂よしおか メニューの一部

メニューは麺類・丼物・定食などの食事の他、刺身や揚げ物・焼き物などの一品料理も一通り揃っている。とりあえず生ビール(500円)とおでん三品(450円)を注文。熱いが美味い。

落ち着いたところで刺身を頼もう。ソイは品切れ、タコはボイルか。「今日はヤリイカが美味しいよ」と言われてイカ刺し(500円)を注文。酒もお代わりしよう。

「チューハイください」
「なんのチューハイ?」
「んー、レモンで」
「はいよー」

むぅ、ぬるい。これはちょっと失敗かな。イカ刺しは甘くプリプリで絶品。旨い。さすがお勧めの品。

ヤリイカ刺し 500円

さらに中札内産の枝豆(300円)とチューハイ(400円)のお代わりを注文。両隣と談笑。どちらも出張で、その度にこの店に寄っているらしい。

枝豆(300円)とチューハイ(400円)

程よい心持ちになったところで締めにチャー麺(800円)を注文。壁に貼られていた地元商店街のパンフでも推奨されている、この店の名物だ。厨房から景気の良い中華鍋の音が聞こえてきた。

商店街のパンフでもチャーメン押し

餡は魚介の旨味が滲みた醤油餡で、豚肉・イカ・エビ・ホタテ・白菜・人参・玉葱・モヤシ・木耳・ピーマン・パプリカと具もたっぷり。麺は中細で焼き目は少なめ。ラードの風味が香る美味しい焼きそばだった。

チャー麺 800円

会計は3350円。入店からお会計まで終始忙し気な人気店だった。手頃な値段でメニューも豊富。稚内を訪れたらまた来よう。

食堂よしおか

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0162-22-6364
住所:北海道稚内市中央2丁目7番7号
営業時間:17:30~24:00
定休日:主に日曜
主なメニューチャー麺 800円

おでん 一品 150円
イカ刺し 500円
This entry was posted in 稚内市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

『食堂よしおか』に1件のコメントがあります。

  1. Pingback: 北海道旅行に稚内はいかが? 日本最北端の街、稚内で訪れたい観光スポット厳選10選! | Non旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">