スパイス&ハーブ居酒屋 やるき (東京都中野区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三浦カレー焼きうどんとは異なるが、都内でもカレー焼きうどんを提供している店は多い。新中野にあるスパイス&ハーブ居酒屋・やるきという店もその一つ。店主はインド人らしいが、果たしてどんな品だろう?

新中野 スパイス&ハーブ居酒屋 やるき

11月上旬の平日、夜19時半ごろに訪問。鍋屋横丁を南に下ってゆくと、「やるき」の屋号が刻まれた看板が暗い歩道で光っていた。この記事によると、店主がかつてあの「やるき茶屋」でバイトをしていたのが屋号の由来らしい。「やるき茶屋」社長も公認とか。

客席は1階と2階に分かれている。普段から予約しないと入れないほどの人気だそうで、この日もほぼ満席。こちらが一人なのが幸いして、カウンターの常連さんが詰めてくれ、無事に着席できた。

スパイス&ハーブ居酒屋 やるき メニュー

「スパイス&ハーブ居酒屋」を標榜するだけあって、メニューには「スパイシー」という形容詞が頻出している。ベースが居酒屋メニューなので、「きっとこういう味なんだろうなあ」と想像できるものが多い。どれも酒が進みそうだ。

生ビール 380円

居酒屋ということで、まずは生ビール(380円)を注文。アサヒスーパードライの中ジョッキだ。グビグビっと喉を潤す。このビール、スパイシーな料理に合うためか、海外の人に受けがいいんだよな。

スパイシーおでん 450円

最初のおつまみはスパイシーおでん(450円)。具は大根、こんにゃく、しらたき、さつま揚げ、ちくわ、ゆで玉子。スパイシーなお出汁に浸り、パクチーがトッピングされている。そこまで辛くないが、無難な美味しさ。程よいスパイス加減で身体が温まる。

ウォッカラッシー 450円

お代わりでいただいたのは、ウォッカラッシー(450円)。名前の通り、ウォッカをラッシーで割ったものだが、もともと癖がない蒸留酒なせいか、アルコールをほとんど感じず、普通のラッシーのように飲めてしまう。ある意味ヤバい酒だな。

タンドリーチキンやきとりとスパイシー鶏レバー

常連さんに勧められるまま、タンドリーチキンやきとり(180円)とスパイシー鶏レバー(180円)をオーダー。どちらも一切れ一切れが大ぶりで、ボリュームたっぷりの串物だ。味付けはやっぱりスパイシー。ジューシーな鶏肉とレバーで酒も進む。コーン茶割り(330円)を追加。

カレー焼きうどん 600円

そして本命、カレー焼きうどん(600円)を注文。麺は標準的な茹でうどん玉。具は挽肉、キャベツ、人参、ピーマン、玉ねぎ。唐辛子。大まかにはいつも見慣れている焼きうどんだが、挽肉の量がかなり多い。

挽肉たっぷりのスパイシーな焼きうどん

味付けは期待通りスパイシー。つまみに良し、〆に良し。同じ中野区のジャサナ(JASANA)というインド・ネパール料理店では「フライドうどん」という変わり種があったけど、こちらはだいぶ日本よりの焼きうどんだ。

たまたま隣合った常連さんや、厨房の店員さんとワイワイ楽しめた。これが酒場の良さだよなあ。1時間ちょっとの滞在で、お会計は2990円。この後、地元に戻って行きつけの店・SANDで少し飲み直した。

「今日、何軒目ですか?」
「2軒目です、新中野のやるきって店で……」

そんな会話をしてたら、横のお客さんが「わ、今日のランチ、そこでした!」と混ざってきて、ここでもワイワイ。世間は狭い。

やるき

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-6304-8373
住所: 東京都中野区本町4-36-7 1F
営業時間: 11:30~14:30 17:00~23:00
(月・祝: 17:00~23:00)
(土: 16:00~22:00)
定休日: 日曜
主なメニューカレー焼きうどん 600円

スパイシーおでん 450円
タンドリーチキンやきとり 180円
スパイシー鶏レバー 180円
This entry was posted in 中野区 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*