山口家本店 (東京都台東区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

浅草寺や花やしきの北側に位置する千束……いや江戸時代の「吉原」という呼称の方が今も有名だろうか。戦後の売春防止法で赤線が廃止されたが、現在もソープ街となってその名残を留める。

千束通り商店街 甘味処 山口家本店

その色街の程近く、千束通り商店街の一角に山口家本店という甘味処がある。おはぎや稲荷ずしの他、ラーメン・タンメン・焼きそばも商っていて、お昼時にはそれらを目当てに寄る人も多い。こちらの記事によると、『終戦後の昭和21年に開店した甘味処の店だったが、お客さんの要望で、ラーメン類など軽い食事も始めて40年』だそうだ。

訪れたのは平日の昼過ぎ。店内は手前がテイクアウトのカウンターで客席は奥の方だ。四人掛けが6卓と二人掛けが2卓という構成の客席は、お昼時で満席。

「すぐ空くから待っててー」

チャキチャキした感じの女性店員さんにそう告げられ、お勘定を済ませた先客と入れ違いに着席。

山口家本店 食事メニュー

メニューは食事・甘味・飲み物でページが分かれていた。中華そばは400円。焼きそばは370円で大盛りは450円と、かなり安い。肉と野菜が入ってる五目焼きそばもあって、そちらは450円だ。お冷を持ってきたお姉さんに焼きそば(370円)を注文。ホールも厨房も忙しそうだ。

焼きそばの前にまず味噌汁が配膳された。そっか、味噌汁付くのかーと感心しながら数分待って焼きそばが配膳された。せっかくの味噌汁が冷めちゃうよ。

焼きそば 370円

麺は固めの細麺で、一本一本が短い。焦げがあちこち付けられている。具はキャベツとモヤシのみ。青海苔がトッピングされ、紅生姜が添えられている辺りはオーソドックスなスタイルだ。味付けは油っ濃さが特徴的で、見た目は黒っぽいがソースの風味は薄めだった。素朴な感じの味わいだ。

味噌汁の具はワカメで小口切りの葱が浮いているが、ほとんど具なしと言っても良いだろう。頗るシンプルだが油濃い焼きそばには丁度良いかも知れない。それほど冷めてなかったのでそこはご安心を。

他のテーブルでは焼きそば以外にタンメンや五目そばなどの汁物が出ていた。あんみつも美味しそうだ。どの駅からも遠い場所だが、下町散歩のついでに寄り道するのに良さそうなお店だった。

甘味処 山口家本店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3876-0844
住所:東京都台東区浅草5-30-10
営業時間:8:00~20:00
定休日:水曜日
主なメニュー中華そば 400円 大盛り 500円
焼きそば 370円 大盛り 450円
五目焼きそば 450円 大盛り 560円
ワンタン 400円 タンメン 560円

おはぎ1個 85円
豆かん、みつ豆、あんみつ 370円
This entry was posted in 台東区 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">