下町焼きそば銀ちゃん 新宿紀伊国屋店 (東京都新宿区)

近年オープンした焼きそば専門店特集、5週目でーす! 今週は中央線沿いです。


全国から海外まで展開する有名なたこ焼きチェーン・築地銀だこ。それを運営する株式会社ホットランドには「下町焼きそば銀ちゃん」という焼きそばチェーンのブランドもある。御徒町にある上野広小路店、それと今回紹介する新宿紀伊国屋店の2店舗が営業中だ。

下町焼きそば銀ちゃん 新宿紀伊国屋店

訪れたのは5月上旬、日曜のお昼時。紀伊國屋書店の地下1階、紀伊国屋ビル名店街の並びに目的の店がある。ブログでは未紹介だが、ここで食べるのはこれが3度目くらいかな。

紀伊国屋ビル 名店街

客席はカウンターのみで11席ほど。日曜昼という時間帯で半分くらいの入り。外人客や女性客もいて、そのうち満席になった。

銀ちゃん メニュー

メニューはもちろん焼きそばメイン。ビールの付くセットやライスの付くランチセット、塩や豚骨など味のバリエーションもある。迷った挙句、王道の鉄板ソース焼きそば(600円)を大盛(+200円)で注文した。

銀ちゃん 厨房の様子

厨房の様子をチラチラ覗きながら待つ。蒸し麺は鉄板に乗せてそのまましばらく放置。肉は下味付け、蓋をしてこれも放置。野菜を炒め、その上に焼きめのついた麺を乗せ、肉も混ぜつつほぐし炒め。塩コショウ・ソースなどで味を調えて出来上がり。

「お待たせしました、こちら大盛りになりまーす」とステーキ用のプレートで提供された。

鉄板ソース焼きそば 600円(+大盛200円)

麺は中太の蒸し麺。もっちりした食感。具はキャベツ・モヤシ・豚肉。青海苔はデフォルトで掛かっていて、紅生姜は卓上の器から取り分ける。

卓上の調味料類

味付けはもちろんソース味。オタフクお好みソースの包装が見えたので、その辺を使っているのだろう。色合いからの印象よりも抑制された味付けで、酸味・甘味・辛味とも程よいバランスを保っている。

中太の蒸し麺にバランスの良いソースが絡む

大盛りでも量的にはそれほどでもない。ハフハフと一気に食べたが満腹感は得られず。コスパ的には微妙なところだ。肉も入っているが存在感に乏しい。

肉も入ってます

王道の焼きそばなので万人受けするであろう味ではあったが、正直インパクトには欠ける。専門店ならではの驚きが個人的には欲しいかな。もし今度寄る機会があれば豚骨あたりの味付けを試してみたい。

銀ちゃん 新宿紀伊国屋店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-5367-2038
住所:東京都新宿区新宿3-17-7 新宿紀伊国屋ビル B1F
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休
ホームページ
主なメニュー鉄板ソース焼きそば 600円
鉄板バリポテ焼きそば 700円
鉄板お好み焼きそば 700円
鉄板デラックス焼きそば 800円
サッパリ塩焼きそば 700円
博多豚骨焼きそば 700円
中盛 +100円 大盛 +200円
This entry was posted in 新宿区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*