Wo Hop (アメリカ - ニューヨーク)

ゴールデンウイーク+αでアメリカ東海岸のニューヨークとボストン、それとカンザスシティへ行ってきました! というか、まだいます! ネタが溜まっているから週三回ペースで更新したいけど、清書する時間がないという……とりあえず現地から一本目の更新でーす。


昨年ロサンゼルスへ行くきっかけになったBABYMETALのUSツアーが今年も始まる。今回のツアーはアメリカの中央から南部が中心で大都市での開催はない。ちょっと迷ったが、ゴールデンウィーク明けすぐのUSツアー初日には行ってみたい。そんなわけで3/1にチケットを確保したあと、アメリカ東海岸の焼きそば食べ歩きと組み合わせた旅を、具体的に計画しはじめたわけであーる。

ニューヨークいってきましたの図

ゴールデンウィークが始まった4/28(土)に早速、旅に出発。成田から13時間のフライトを経てニューヨークに到着した。初日の夕食に訪れたのは、マンハッタンの中華街にあるWo Hopという中華料理店だ。

ニューヨークの中華街

Wo Hopは24時間営業で地元の人気店。午後8時くらいに訪れたら、順番待ちの列が外にまで伸びていた。空腹なうえに時差で眠いので別の店で済まそうかとも考えたが、ホテルから割と近いので少し時間を置いて再訪することに。2時間ほど経った夜10時過ぎ、店内は満席だが、順番待ちの列は消えていた。

Wo Hop, Chinatown, NY

店員に言われてドアの外で待っていると、あとから地元のご夫妻がやってきて、いろいろ話し掛けられる。今日ニューヨークに着いたばかりだと話すと、「この店を選んで正解よ」とのこと。しばらくして店内へ。先ほどのご夫妻と隣り合って座ることになり、いろいろ気遣っていただいた。

Wo Hop メニューの一部

さて、メニュー。一般的な中華料理が並んでいるが、Chow Meinは無印と”Canton Style”の2ブロックに分かれている。アメリカでChow Meinというと、両面をしっかり焼く”Pan Fried”や、カリカリに揚げた”Deep Fried”あるいは”Crispy”がある。西海岸では後者を「HK(Hong Kong) Style」と呼んでいたが、東海岸では違うのだ。”Canton Style”は「Pan Fried」。そして……

中国人のいるところ、青島ビールあり

「Roast Pork Chowmein($9.75)、それと青島ビールをください。
「Chow Mein は Old Styleですか? それともCanton Styleですか?」
「”Old Style”でお願いします」

Roast Pork Chowmein(Old Style) $9.75

そんなやり取りをして数分後。こんもり盛られた楕円の皿と、カラシの入った皿が運ばれてきた。パッと見はただのあんかけ焼きそばだ。餡の具はチャーシューの短冊切り、モヤシ、セロリ、ニラ、玉ねぎ。パプリカもちらっと入っている。味付けはは醤油ベースでやや甘め。粘度は低め。

スナック菓子に似たMein gon(面干)を使用

そして何より特徴的なのが麺だ。4~5センチほどしかない、短くて太い揚げ麺で、麺というよりはプリッツなどカリカリのスナック菓子に近い。現地ではMein gon (面干 miàn-gān)、あるいはCrunchy Noodles、Crunchy Chow Meinと呼ばれているらしい。

滲みたとこが美味しい

食器は箸でもフォークでもなく、スプーンを渡された。何もかもがユニークだ。カリカリした麺も、ほんのり餡が滲みてしんなりした部分もそれぞれ美味い。付け合わせのカラシも使ってみた。大したことなかろうと思ったが、しっかり辛く、つけすぎてむせた。

カラシが咽る辛さ

この何とも変わったChow Meinだが、思い出すのはLa Choyという食品メーカーの製品だ。同様の品を缶詰にしてChow Meinという名で販売していて、アメリカでは割と普及しているらしい。Facebookで知り合ったアメリカ在住の知人が、以前その商品=麺と具の缶のセットを送ってくれた。

味の方はまあ、なんというかスナック菓子にレトルトの中華丼の元を掛けたような感じで、正直そこまで美味しいものではない。ただ1960年代に「La Choy Dragon」というキャラクターを使ったテレビCMを盛大に打ったおかげで、アメリカでの知名度は高い。

恐らくそのLa Choyの商品が、ニューヨークのこのスタイルが普及したきっかけなのだと思うのだが、残念ながらただの推測で確証はない。それにしても、こんなに変化した品がまさか「Old Style」と呼ばれるまでになるとは、Chow Meinをアメリカにもたらしした中華系移民も予想しなかったろうなー。

山盛りのChow Meinを食べ終えて満腹。ご夫妻に挨拶して席を立つ。ビールも併せてお会計は14.15ドル。チップ加えて16ドル。安い。全くもって炒麺らしからぬChow Meinだが、実はこれでも炒麺の名残を留めている方なのだ。次回は留めていない品を紹介しよう。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報住所: 17 Mott St, New York, NY 10013
TEL: (212) 962-8617
営業時間: 24時間営業
定休日: なし
ホームページ
主なメニューRoast Pork Chowmein(Old Style) $9.75
This entry was posted in アメリカ and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください