つけ麺大王 大崎店 (東京都品川区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

昭和48年(1973年)頃に創業し、都内でチェーン展開した「元祖中華つけ麺大王」。ラーメンやつけ麺の専門店というよりは中華食堂的な業態の店だが、それまでは「もりそば」「つけそば」と呼ばれていた料理を「つけ麺」と名付け、その名称を定着させた存在としてご存知の方も多いだろう。

元祖中華つけ麺大王 大崎店

自分も学生の頃から上落合2丁目交差点の角にあったつけ麺大王――その後、少し離れた場所へ移転した東中野支店――に何度か行ったことがある。ただ、つけ麺自体は中野の栄楽や野方の大勝軒の方が好きだった。今では全て閉店してしまい、つけ麺大王も既にチェーンとしては解散しているそうだが、まだ都内にはいくつか店舗が残っている。

さて、今回紹介するのはその大崎店。つけ麺大王の支店の中でも、なぜかこの店はソース焼きそばがつけ麺をしのぐほどの人気らしい。神田鯉風先生のブログでその存在を知って、前々から一度行きたいと思っていた。

看板には特製ソース焼きそばの文字が

訪れたのは4月下旬、平日の午後1時近く。大崎駅の西口を降りて、道を挟んだ目の前に店舗があった。看板はもちろん「つけ麺」なのだが、その下に「特製ソース焼きそば」の文字があるのが面白い。やはり店側でも推しているんだな。

つけ麺大王 大崎店 店内の様子

店内は鄙びた雰囲気でかなり広い。中央に大きな島があり、それを囲むように4人掛けのテーブルが配置されている。遅めのランチを取るサラリーマンで3分の1ほどが埋まっていた。

歴史のある店なんだな

椅子の座面をガムテープで補修しているあたりはご愛嬌。歴史がある店なんだなー、とポジティブに考えよう。

つけ麺大王 大崎店 メニュー

メニューはラーメンの部、つけ麺の部、定食、一品料理の部にカテゴライズされている。ソース焼きそば(650円)は一品料理の欄にあった。中国訛りの店員さんに「焼きそばください」と伝えて待つ。

テーブル上の調味料類

テーブル上には街中華でおなじみの調味料たちが並んでいる。灰皿もある。ランチタイムに煙草を吸える店は限られているから、ピーク時は煙を覚悟して来るのが良さそうだ。

焼きそばは3~4分で運ばれて来た。めっちゃ早いな。早速いただきます。

ソース焼きそば 650円

麺は中太の茹で麺。しなやかでモチモチ、シコシコしたコシがある。具は豚肉、キャベツ、モヤシ、ニラ、キクラゲ、人参。脇に紅生姜が添えられている。ちゃんと青海苔も掛かっている、オーセンティックな日本のソース焼きそばだ。

お手本のような大衆中華のソース焼きそば

見た目の色は濃いが、味付けは意外にマイルドだ。しっとりした仕上がりで、野菜の甘味など素材の味を活かしている。麺はボリューミーだけど、ほとんどが野菜でヘルシーな印象。ジャンキーとヘルシーを両立させた一皿だ。

ざざっと平らげてお会計。650円という値段もお手頃で嬉しい。安くて美味くて腹に溜まる、大衆中華のお手本のようなソース焼きそばだった。この店のつけ麺はまだ食べてないけど、焼きそばは自信を持ってオススメしたい。

つけ麺大王 大崎店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-3490-8599
住所: 東京都品川区大崎3丁目6-17
主なメニューソース焼きそば 650円
This entry was posted in 品川区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*