トシヤ (兵庫県神戸市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2017年2月28日、残念ながら閉店しました……

神戸の新開地にある食堂トシヤ。どこにでもありそうな食堂に見えるが、日本蕎麦を使ったそば焼きがここの名物。和蕎麦だから「そば焼き」というわけでない。このエリアでは普通の焼きそばも「そば焼き」と呼ぶのだ。

新開地 食堂 トシヤ

訪れたのは2011年8月下旬の日曜日。間口はそれほど幅がないが、暖簾を潜ると店内は意外に広い。席数も多く、日曜の昼前で三分の一くらいの席が埋まっている。

愛想の良い花番のお姐さん方が「いらっしゃい」とご挨拶。大きな楕円のテーブル席に案内され、冷たいお冷やと温かいお茶と両方を出された。暑い日だったのでありがたい。その場でそば焼き(500円)を注文した。

食堂トシヤ メニュー

後からメニューを確認すると豚そば焼きがスタンダードな品らしい。スジ肉入りだと550円、さらに200円増しで定食にもできる。ヘレカツという表記が如何にも関西。ご飯物の「ホワイト」はライスのことか。

周りでそば焼きを注文してるのは半分ほど。それ以外は普通の定食や丼モノ、麺類を注文している。しばらくして濛々と湯気を立てた皿が運ばれてきた。

豚そば焼き 500円

麺はもちろん日本蕎麦。四角い断面でやや太めだ。具はキャベツに玉ねぎ、それと豚肉。すき焼きの割り下醤油とウスターソースで味付けされている。日本蕎麦を使ってるせいもあるが色がだいぶ黒っぽい。食べてみるとかなり甘めである。麺はシコシコとしたコシがあり、噛み切ると蕎麦の風味が微かに鼻腔をくすぐる気がする。すき焼きを意識した味なので、これは確かに定食が合うかも知れない。

そば焼きを売り出したのは昭和28年のこと。以来、半世紀以上も変わらぬ味で愛されてきた。1995年の阪神大震災で当時の店舗が倒壊したが、翌年に現店舗で復活したそうだ。これからも蕎麦のように細く長く続けて欲しい。

こちらは新開地劇場

ちなみにこの店の斜向かいには大衆演劇を上演している新開地劇場がある。かたや大衆食堂。かたや大衆演劇。大衆に根ざしたこの地の文化の背景を垣間見るようで面白い。

トシヤ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:078-575-6658
住所:兵庫県神戸市兵庫区新開地6-2-25
営業時間:11:30~20:00
定休日:木曜日
主なメニュー豚そば焼き 500円
豚そば焼き定食 700円
スジそば焼き 550円
スジそば焼き定食 750円
This entry was posted in 神戸市 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*