としのや食堂 (北海道根室市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

焼きそばってやつは色んな業態のお店で食べられますが、やはり基本となるのは一般的な食堂で売られている品でしょうか。ラーメンや定食、丼物などに目移りする中で、なーんの変哲もないソース焼きそばを無性に食べたくなるときってありますよね。ってことで日本全国、地元で長年親しまれてきた食堂の焼きそばを特集します。まずは北海道から3軒ご紹介。


本土最東端の納沙布岬を擁する根室市。6月に北海道を一周した際、この町にも宿泊した。広小路商店街という繁華街にある居酒屋でホヤやホッケを肴に地酒・北の勝を堪能した。

根室市 広小路商店街

ビジネスホテルに戻る前、〆に訪れたのがこちらのお店。パチンコ店の隣にある食堂で鄙びた雰囲気を醸している。なお、外観写真は日中に撮影したもの。こちらの記事によると昭和22年(1947年)創業らしい。

根室市街 としのや食堂

客席はテーブル4卓に小上がり2卓。町中の蕎麦屋のような造りだ。店員はマスターが一人だけ。金曜の20時過ぎで先客無し。まだ地元民は飲んでいる最中なのだろう。

としのや食堂 メニュー

メニューは麺類と丼物がメインだ。食堂と名乗るだけあって食事主体のようだ。注文したのは勿論、やきそば(600円)。広い厨房にマスターが入り中華鍋で調理し始める。10分ほどで注文した品が運ばれてきた。

やきそば 600円

麺はコシのある独特の細い縮れ麺。具はキャベツ・モヤシ・玉葱・豚肉、そして拍子木切りの魚肉ソーセージ。海苔と紅生姜がトッピングされている。

甘めのソースが縮れた細麺に良く絡む

味付けは甘めのソースで意外に脂っ濃く、あとから酸味も追いかけてきた。良く見ると後掛けソースも為されている。野菜たっぷりで食べ応えあり。根室の寒い冬にはこれが良い相棒になるのだろうか。

食べ終えて会計を済ませ、ビジネスホテルへ千鳥足で帰還。今回は時期外れだったが、花咲ガニや秋刀魚の旬の頃にまた訪れてみたい。

としのや食堂

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0153-24-9307
住所:北海道根室市梅ケ枝町1-10
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休
主なメニューやきそば 600円

ラーメン 550円 みそラーメン 600円
カツ丼 700円 チャーハン 600円
肉鍋定食 1000円 スタミナ定食 1000円
かけそば 500円 ギョーザ 500円
This entry was posted in 根室市 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">