巴家 (東京都千代田区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

今回紹介するのは内神田にある広東料理店・巴家。大正8年(1919年)の創業というから、やはり百年近い老舗だ。ただしここもかなり大衆寄りの店。近所のサラリーマンの憩いの場になっている。

大正8年創業 内神田 廣東料理 巴家

2月下旬、平日のランチタイムに訪問。場所は神田橋の近く、本郷通りからオフィス街に2本入った一方通行の細い裏通りだ。

間口の狭いこじんまりした店舗だが、旧字体で「廣東料理」と記された看板に歴史を感じる。店頭の食品サンプルも趣があって良い。

巴家 店頭の食品サンプル

客席は4人掛けのテーブルが8卓ほど。さすがにこの時間帯はほぼ満席だ。相席で辛うじて着席。ただ、料理が来る前にサーッと空いたので、そのタイミングで席を移動した。

巴家 メニュー

メニューは中華系の麺類や丼物が中心だ。焼きそばは数種あり、基本となる無印の「やきそば(750円)」の軟らかいのを注文した。他の客は汁麺のセット物を食べている人が多かった。

巴家 店内の様子

テレビも置かれていていかにも町場の中華屋という風情なのだが、端に置かれた衝立や壁に掛けられた書画など、ところどころに歴史の堆積も感じさせる。

やきそば(軟) 750円

さて、焼きそば。やはりここも茶色い中細麺と銀餡を使ったあんかけタイプだ。豚肉、蟹、薄焼き卵(幅広の錦糸玉子)、白菜、玉葱、長ネギ、モヤシ、グリンピース。見た目は白いが、印象よりも具の種類が多かった。

歯応えが小気味いい独特の麺

麺は蒸し麺だろうか、人形町系大勝軒にも似た小気味良い歯応えがある。焼き目がほとんどない点も似ている。餡は塩ベースで旨味・甘味の塩梅が良い。辛子と酢も合う。量は少なめなので、もう一品、しゅうまい辺りを追加したいところだ。

テーブルには調味料類と共に灰皿も……

ところでこの店、テーブルには調味料類と一緒に灰皿が置かれている。いまどき分煙をしていない飲食店は愛煙家にとって貴重なのだろう、ピーク時の店内には紫煙が充満していて、ブレードランナーの世界を想起させる光景だった。

この点は嫌煙家にちょっとお勧めできないので、気にされる方はご注意を。それを除けばCPの良い優良店だと思う。イニシエ系のラーメンが好きな方もぜひどうぞ。

巴家

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3292-8491
住所:東京都千代田区内神田1-2-14
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:30
定休日:土・日・祝
主なメニューやきそば(軟/硬) 750円
かにやきそば 1100円 鳥やきそば 850円
五目やきそば 1250円

らーめん 500円 わんたん 500円
チャーハン 580円 
しゅうまい 400円(1ヶ 80円)
This entry was posted in 千代田区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">