鉄板やきそば鈴木 (千葉県成田市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

成田山新勝寺の周辺は坂が多い。参道を外れると狭く急な道が複雑に入り組んでいる。そんな坂道のひとつ、地図が無いととても分からないような場所に「鉄板やきそば鈴木」は店を構えている。創業四十余年という老舗で、学生時代にここの特盛を食べて育ったという地元の人も多いそうだ。

成田 鉄板やきそば鈴木

訪れたのは土曜日の午後3時半。暖簾を潜ると正面がカウンターでその奥に厨房、左手のスペースにテーブルが3卓ほど置かれていた。たまたま空いているタイミングで先客は無し。

引き戸に貼られたメニュー

メニューは入り口の引き戸とカウンター上部に掲示されているが、サイズのみで「焼きそば」とすら書かれていない。当然それ以外にはメニュー無し。店主のおっちゃんに「並(400円)を一つ」と注文し、セルフサービスのお冷を汲んでテーブル席に腰掛ける。と、すぐに配膳された。鉄板で炒め直しただけですぐ出せるよう、焼きそばを下処理してあるようだ。早速いただこう。

やきそば 並 400円

麺は中太で一本一本が短い。具はキャベツのみで少量の青海苔と紅生姜がトッピングされている。この店では自家製麺を一度蒸してから調理前に茹で戻すそうだ。食べてみるとふんわりした食感である。味付けはブルドッグのウスターソースらしいが、擦り下ろした玉ねぎでも加えてあるのか独特のスパイシーな旨味がある。油分が多くてこってりした仕上がりで割とボリュームもあるが、美味しくてペロリと食べられた。

食後、店を出ると2人連れのチャリダーが自転車を停めて入れ違いに入店した。この焼きそばが成田名物として認知されつつあるようだ。成田山参詣の機会があれば、ついでに立ち寄ってみてはいかがだろう。

なお、地元出身者のタレこみによると、油分が多くて食後胃腸の調子が悪くなることも多かったため、口の悪い学生の間では「げりそば」とも呼ばれていたらしい。さすがにその呼称は酷いと思うが、愛情・愛着の裏返しなのだろう。

鉄板やきそば鈴木

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0476-23-0316
住所:千葉県成田市上町698-1
営業時間:11:30~18:00
定休日:火曜、水曜
主なメニュー並 400円 大盛 500円 特大 600円
This entry was posted in 成田市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">