たつや 鷺ノ宮店 (東京都中野区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

今回紹介するのは西武新宿線鷺ノ宮駅にあるやきとん屋、たつや鷺ノ宮店(通称・鷺たつ)。本店は沼袋にあり、野方の秋元屋で焼き台を勤めていた藤井龍成さんが数年前に開業。鷺ノ宮店は昨年2013年2月にオープンした。

実は私、だいたい週に1~2度くらいのペースで顔を出している。普段行きつけの店を紹介するのはこそばゆいが、偶には宣伝も兼ねてこういうお店も取り上げておきますかね。

やきとんたつや 鷺ノ宮店

頃は8月中旬、世間はお盆休みに入ったばかり。この時期は居酒屋も休みが増えて飲兵衛は難民化してしまう。鷺たつはそんな居酒屋難民の貴重な受け入れ先の一つである。

19時半頃、入店。ここは店主のミヤさんも含めてスタッフは女性ばかりで、店内もモツ焼きらしからぬ、ちょっと洒落た雰囲気。店主の趣味でBGMはメタルやハードロックが主体なのも面白い。客席はカウンター10席とテーブルが1卓。

ホッピーとぬか漬けとレバー

いつも通りカウンターに腰掛け、お絞りを受け取りつつ「ホッピー、白」(セットで400円)とバイトのまどかに告げる。肴はとりあえずカシラ・ハラミ・レバ(各100円)を一本ずつと自家製ぬか漬け(200円)を注文。

秋元屋系で味噌ダレは外せない

レバーは塩、カシラとハラミは秋元屋系名物の味噌ダレで。常連さんと駄弁りながらグビグビ飲む。串をあらかた平らげて中(300円)をお代わり。ついでに注文したのは日替わりメニューにあった挽肉とコーンのカレー風味ピザ(380円)。

鷺たつ 日替わりメニュー

店主のミヤさんは沼袋本店の前にもメキシコ料理やバーで働いていた経験があり、メニューにもそれが反映されている。たつや名物の焼きとんやモツカレーの他、シシケバブ、サテアヤム、ケサティージャなどバラエティに富んでいる。

挽肉とコーンのカレー風味ピザ 380円

注文したピザはトリティーヤを生地にして炭火でカリっと焼き上げた薄手の品。手頃なつまみになり、挽肉とコーンの組み合わせもなかなか良い。

続いてお茶割り(380円)。そして締めの焼きうどん(350円)。やはり当ブログではこの焼きうどんを紹介せねばなるまい。

焼きうどん 350円

茹で麺のうどん玉をフライパンで炒め、醤油と黒胡椒で味付け。小皿に盛って花鰹と浅葱を散らして出来上がり。具無しで極々シンプルな品なのだが、醤油と油脂の風味と黒胡椒の辛さ、これが結構癖になる。具が無いストイックさが何とも好ましい。

消費税を足して、この日のお会計は2490円。「毎度どーもー」と送り出され、これまたいつも通り都立家政の竹よしへと足を向けた。梯子酒は楽しいなー。

たつや 鷺の宮店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-6383-0285
住所:東京都中野区鷺の宮3-15-13
営業時間:17:00~翌1:00(L.O.24:00)
定休日:日曜日
主なメニュー焼きうどん 350円

焼きとん 一串 100円~
もつカレー(パン付き) 380円
ケサティージャ(メキシコ式チーズサンド、サルサ付き) 350円
ホッピーセット(白/黒) 400円 中300円 外250円
This entry was posted in 中野区 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*