田中 (東京都足立区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

東武線西新井駅と西新井橋を結ぶ関原商店街に「やきそば」と染め抜かれた暖簾の掛かる店がある。こじんまりした店舗で特に屋号は無いようだが、商店街の略図を見る限り『田中』『田中焼きそば』と呼ばれているらしい。

関原商店街 田中焼きそば店

3月上旬、平日のお昼時に訪問。実はこれまで2回ほど訪れたのだがタイミングが合わず閉まっていた。3度目の正直でようやく営業している様を見られたので嬉しい。

客席はカウンター三席にテーブルが二つ。先客はおばちゃん二人。店主の小柄なおばちゃんが厨房の鉄板で調理しながら元気良く「いらっしゃい」と迎えてくれた。

田中焼きそば店 メニュー

壁のメニューは焼きそばとお好み焼きのみ。焼きそばの小が240円、お好み焼きの中が250円と破格の安さである。お好みプラスそばってのは、いわゆるモダン焼きだろう。ちなみに先客のおばちゃんたちは二人とも焼きそばを食べていた。

「お兄さん、注文決まった?」
「肉入り焼きそばを中で(400円)」
「はいよー。○○さん、悪いけど兄さんにお茶出してあげて」
「はいはい」
「あー自分でやりますよ!」
「いいからいいから」

カウンターで食事してたお客さんがお茶を煎れてくれた。おばちゃんたちは地元の顔馴染みのようで、食べながら店主も交えて談笑していた。どうやらこの店が憩いの場らしい。

「すぐ帰ってくるで、ちょっと待っててな」

持ち帰りというか出前の注文もちょくちょく入っているらしく、出来たての焼きそばをパック詰めにしてどこかへ持っていった。のんびり待って、ようやく自分の焼きそばも出来上がった。

肉入り焼きそば 中 400円

見た目からしてなかなか特徴的な焼きそばだ。麺は中細で二玉は使われているだろう。具はたっぷりの豚肉とキャベツにモヤシ。揚げ玉も少量使われていた。さらに紅生姜と短冊に切った薄焼き玉子、魚肉ソーセージが盛り付けられ、青海苔が振りかけられている。

「甘かったらソース掛けてな」と言われたが、味はしっかり付いている。入り口付近に下町の定番、ユニオンソースの箱があったが、程よい酸味で美味い。冷たいまま切っただけの魚肉ソーセージもこれはこれで面白い。玉子も入っていてこの値段と考えると、かなりコストパフォーマンスの良い焼きそばだ。

「ごちそうさま、美味しかったです」

おばちゃんたちに見送られて出てきたが、定休日や営業時間を聞き忘れた。また訪れて確認しよう。

※後日、再訪して確認。営業は昼のみで午後2時まで。日曜祝日が定休日だが、月一くらいの割合で不定休もあるらしい。

田中

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報住所:東京都足立区関原1-21-24
営業時間:昼のみ、午後2時まで
定休日:日曜祝日、月一くらいの割合で不定休
主なメニュー焼そば 小240円 中300円 大380円
肉入り 小340円 中400円 大500円
お好み焼 中250円 大300円
肉入お好み 中350円 大400円
お好みプラスそば 450円
This entry was posted in 足立区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">